【お取り寄せ・テイクアウト】今年のおすすめ「最強モンブラン」厳選!あのホテルの限定品も

0

2021年09月22日 11:11  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
年々進化を遂げるスイーツ「モンブラン」。テイクアウトはもちろん、ネットショップでも多く販売され、この季節は特によりどりみどり。

【写真】美しい断面図も!「2021年おすすめモンブラン」フォトギャラリー

でも、どれを選んでいいのかとお悩みの方へ!数ある中から、おうちカフェを素敵に楽しめる「2021年のおすすめ・人気のモンブラン」をご紹介します。

■ル ショコラ ドゥ アッシュ

世界的に有名なトップパティシエ、辻口博啓さんの「ル ショコラ ドゥ アッシュ」の「モンブラン オ ショコラ」は、オンラインショップ限定で9月20日より発売開始。

美しい明るめのブラウンのドーム型で、表面はショコラオレのクリームがたっぷりと絞られています。

さりげなく乗せられている金箔にテンションは爆上がりです。

カットした時、手に伝わるサクっとした感覚は、有機ココナッツシュガーのメレンゲが厚めに構えている事を物語っています。

愛媛県産・渋皮栗のペーストとゴロンとした渋皮栗、クリームは黒蜜クリームと、洋の味わいの中に和テイストが満載!さっくりシュワッとした舌触りのメレンゲと、栗の存在感がすごいです。

ペーストもまるでチョコレートのような食感で、クリームとのコントラストを感じられて相性も最高です。あっという間に1カット食べ終え、2カットめを口にしていました。

■パティスリー アリス・エ・レーヌ

届いた瞬間に胸がキュンとする、「パティスリー アリス・エ・レーヌ」の「ローズモンブラン」。とにかく印象的なハートの形の上には美しいローズ形のマロンクリーム。なんと、このクリームは2種類の熊本栗、丹波栗、フランス栗の計4種類で構成されているので、食べ比べもできちゃいます。

この商品は、これまで2,000種類以上の栗スイーツを食べているフードジャーナリスト・岩谷貴美さんとのコラボレーションで生まれたスイーツ。10月31から12月末までの限定販売です。

カットしても可愛さ健在!ケーキ生地はしっかりとしたタイプで、ここにも渋皮栗が贅沢に入り、上から下まで贅沢に栗!

甘すぎず重すぎず、しっかりと素材も味わわせてくれます。

10/31 午後2時より大丸松坂屋オンラインショッピングで販売予定となっています。

■ウェスティンホテル東京

アフタヌーンティーやスイーツビュッフェが常に予約困難な「ウェスティンホテル東京」では、なんと秋限定の5つのモンブランを販売しています。

鈴木一夫シェフの手がけるスイーツは、繊細で芸術品としか言いようがありません。

「ほうじ茶のスフレチーズ モンブランスタイル 」は食べるのがもったいない、花畑のようなモンブラン。このビジュアルから和を連想していなかったので、とても意外でした!

ほうじ茶が香るマロンクリームで覆われているモンブランをカットすると、ほうじ茶風味のスフレチーズ、クレームディプロマットと生クリームが層になっています。

ほうじ茶と栗の相性は本当に抜群ですね。

ピスタチオラバーは絶対外せないのが「モンブラン ピスタチオ」。

バターが濃厚なマロンとピスタチオペーストのクリームの上に、クランブルとローストピスタチオがトッピングされています。

ローストピスタチオを加えたメレンゲの上にピスタチオクリーム、その中にはホワイトチョコレートとピスタチオのムースが綺麗なグリーンの層を作っています。

ピスタチオ感満載なのにしっかりマロン、濃厚なのに後味軽やかなモンブランです。

「フロマージュブランとりんごのモンブラン」は、明るめの色がかわいらしい、甘露煮にした栗のペースト入りバタークリームが全体に絞られています。

その中にはフロマージュブランのクリーム、そして食感がとても印象的なりんごのソテーが隠れています。

さらに、ラムレーズンで大人の風味がプラスされていて、とても印象に残るモンブランです!

ウェスティンホテル東京 バニラクリーム クランブル マロンクリーム ¥950(税込)

フランス産マロンのペーストを合わせたバター入りクリームを贅沢に絞った「バニラクリーム クランブル マロンクリーム」。湯煎焼きしたバニラクリームが香っています。

マロン、バター、バニラの組み合わせが濃厚ながら口溶けもよく、なんとも言えない心地よいバランス。

シンプルだからこそこだわりが凄い「スペシャルモンブラン」。こちらは通年販売している定番商品です。

シェフのこだわりが凄く、何度も試作を繰り返して完成した、その名のとおりスペシャルなモンブラン。渋皮のついた和栗のマロンクリームが贅沢に絞られています。

その中にはカスタードが香るクレームディプロマットに栗の渋皮煮、ラム酒を香らせたスポンジ。その上にはたっぷりのクレームシャンティと、栗感を思う存分味わえるモンブランです。

さすが定番だけあり、毎日でも食べたいモンブランです。

さすがウェスティン、どれも素晴らしすぎて5つの中からのチョイスが難しすぎます!これは大人買いするしかないですね。
    ニュース設定