『木梨の貝。』おぎやはぎのキャンプ番組とコラボ 矢作兼「『みなさん』と同じノリ」

0

2021年09月22日 15:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『木梨の貝。』が名古屋テレビ『おぎやはぎのハピキャン』とコラボ
『木梨の貝。』が名古屋テレビ『おぎやはぎのハピキャン』とコラボ
 動画配信サービス『GYAO!』の番組『木梨の貝。』(毎週土曜 前7:00)では、名古屋テレビ『おぎやはぎのハピキャン』とのコラボ企画を、10月2日と9日の2週にわたって配信することが決定した。

【写真】ココリコ遠藤、狩野、ボイメン水野&吉原も参戦

 今回『ハピキャン』でのキャンプ現場に『木梨の貝。』が帯同する形に。キャンプ場でおぎやはぎの2人と合流した木梨は、『木梨の貝。』側で準備しているキャンプエリアを案内し、食事の準備や流しそうめんなどを案内していると、スタッフから突如「そろそろ…もう限界です」という謎のSOSが木梨に届く。そこには、キャンプサウナがあった。

 どんなものなのか、キャンプサウナの中を見ようとすると出てきたのは、なんと『木梨の貝。』ではおなじみのココリコ・遠藤章造、狩野英孝、そして名古屋発のエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」(以下、ボイメン)の水野勝、吉原雅斗の4人だった。4人は木梨から突然連絡があり、現場に駆け付けたようで、過去に『ハピキャン』に出演したことがある狩野はおぎやはぎとのトークを弾ませる。

 このままココリコ遠藤らゲストチームは、一緒にキャンプを楽しむかと思いきや、『木梨の貝。』が招待したキャンプ女子にキャンプを学びながら、大盛り上がり。その後、ゲストチームはおぎやはぎと木梨に合流し、番組から生まれた楽曲「最高な毎日にするために 自分からグイッと動き 言葉に気をつけしかけは早め 全て面白がり 答えは追い追いやってくる」を、遠藤と狩野がおぎやはぎの前で披露し、ボイメンもダンスを披露するなど、秋にぴったりのキャンプを楽しんだ。

 収録を終えて、出演者たちがコメントを寄せた。

■木梨憲武
本物のキャンパーでもないですけど、本物のキャンパーより盛り上がれる自信はある。それをいま探している最中でもあり、今日の撮影を利用して試している感じ。世界中、(キャンプの)楽しみ方は自由だから、どうアレンジをしていくかは自分次第。この基本を今日は習いにきた感じ。ライターがあるのに、火を自分で起こしたり、キャンプ道具が新しかったり、古かったり、いろいろある中で、そういうのを学んでいくのが楽しかったりするから。ぜひそこを観てほしいね。

■矢作兼
いつもハピキャンをご覧いただいている方からは、もういつものハピキャンとは違う空気でやっていますからね。昔の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)を見ていた人は同じノリで見られるんじゃないですかね。その場の行きあたりばったりな、(スタッフが考えた)撮れ高がすべて違う流れになっちゃう(笑)。

■小木博明
でもいつもと違うハピキャンが観れると思いますので、ぜひそこを楽しんでほしいね。

■ココリコ遠藤
このご時世ではあるけれど、この季節はキャンプが楽しい時期だと思うので、僕も率先して企画をするタイプではないけれど、家族と一緒にキャンプができたらいいなあと思っています。

■狩野英孝
みんな良い意味で緊張感なく、おのおの素が出ているのでそこが楽しめるかなと。僕のギターを演奏しているシーンがあるかどうか、確認するためにもみてください!

■水野勝
僕はキャンプをしたことがなくて、キャンプがいいなあと思えるロケだったので、観た人もそう思ってくれるような番組になっていると思います。

■吉原雅斗
過去にキャンプはいったことはあるけれど、基本的に僕はインドアで。だけど今日みたいな収録だと、普段話さないことも話せるし、そういう意味でも貴重な空間だなと思いました。この番組を見たらそう思う人は多いんじゃないかなと思います!
    ニュース設定