絵心なくても漫画ネームを作れる「World Maker」β版スタート Twitterに作品続々

2

2021年09月22日 15:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真漫画ネーム制作の流れ
漫画ネーム制作の流れ

 集英社は9月22日、絵を描かずに漫画のネームを作れる無料サービス「World Maker」のオープンβ版をリリースした。せりふを入力すると自動でコマ割りを提案し、ユーザーがイラスト素材や背景を選べば完成だ。スマートフォン(iOS/Android)のWebブラウザで使える。サービス開始直後から、Twitterには作品が続々と投稿されている。



【その他の画像】



 投稿された作品は、恋愛やバトル漫画、異世界アドベンチャーだけではない。写真を使って自分の子どものかわいさをアピールした作品や外国語に挑戦したもの、フリー素材サイト「いらすとや」の素材で作ったギャグ漫画などの投稿もあった。



 World Makerは、入力されたせりふや脚本を基に自動でコマ割りを提案。ユーザーは好みのコマ割りを決め、キャラクターのイラスト素材や背景、効果音などを約60万パーツから選択することで、漫画のネームを作れる。キャラクターの表情やポーズも豊富だ。



 推奨端末は「iPhone X」以降のiPhoneか、2、3年以内に発売されたハイエンドのAndroid端末で、推奨ブラウザはSafari・Chromeの最新版だ。



 開発した「少年ジャンプ+」編集部の林士平さんは「『頭の中の物語』のビジュアル化のお手伝いツール」と説明。「自分で絵は描けないけど、選んで組み合わせることはできるかも?って思ってもらえたら」とツイートしている。



 同社は500人限定のクローズドβ版を9月8日に始めていた。フィードバックを踏まえ、UIの改善や脚本画面での保存機能などを追加している。


このニュースに関するつぶやき

  • お昼にWorld Makerのアカウントをフォローしたら作品が続々紹介されてタイムラインが五月蠅い。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定