ボッタス、2022年のレース・オブ・チャンピオンズに参加へ。スウェーデンで大会初のスノー&アイスイベント

0

2021年09月22日 16:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第14戦イタリアGP スプリント予選をトップで終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第14戦イタリアGP スプリント予選をトップで終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)
 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、次回のレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)への参加を表明した最初の現役F1ドライバーとなった。ROCは来年の2月、雪と氷におおわれたスウェーデンで開催予定だ。

 この毎年恒例の競技会は、モータースポーツのすべての分野から世界最高のドライバー/ライダーたちが一堂に会するもので、国別チームおよび個人としてさまざまなマシンで接戦を繰り広げる。

 F1ドライバーでは過去にセバスチャン・ベッテル、ミハエル・シューマッハー、ジェンソン・バトン、デイビッド・クルサード、フェリペ・マッサ、ピエール・ガスリー、ランド・ノリス、ミック・シューマッハー、ダニエル・リカルドらが参加している。

 そのほかル・マン24時間レースのレジェンドであるトム・クリステンセン、元NASCARチャンピオンではジミー・ジョンソン、ジェフ・ゴードン、カイル・ブッシュ、インディカーのスターではライアン・ハンター-レイとジョセフ・ニューガーデン、WRC世界ラリー選手権のスターであるセバスチャン・ローブ、ペター・ソルベルグ、セバスチャン・オジエらもこれまでラインアップに加わったことがある。

 今回はボッタスにとって初めてのROC参加であり、現在所属するメルセデスからアルファロメオに移籍するシーズンオフの期間中に出場することになる。

「何年もテレビで見ていたけれど、とうとう自分がレース・オブ・チャンピオンズに出場できることをとても楽しみにしている」と月曜日にボッタスは語った。

「今年のイベントは雪と氷のなかで開催されるということで、いっそう面白くなっているね。僕はアークティック・ラリーに何度か参戦したことがあるから、その経験が役に立つことを願っているよ」

「手ごわい競争に勝つことを目標にしている。特に北欧の隣国であるスウェーデンとノルウェーを倒して、フィンランドによる多くの勝利を追加するよ。個人戦とネーションズカップの両方でね」

 ROC会長のフレドリク・ヨンソンは、ボッタスが次回のイベントのラインアップに加わることを喜び、「バルテリは数年前からレース・オブ・チャンピオンズに参加したいと我々に話していた」と述べた。

「我々の初となるROC世界ファイナル・オン・スノー&アイスで、彼がついにROCデビューを飾ることを大変喜ばしく思っている」

「フィンランドにはレース・オブ・チャンピオンズの誇るべき歴史がある。フィンランドとホスト国であるスウェーデンとの間の、長年にわたるスポーツ上のライバル関係がどのように展開するのか目にするのは素晴らしいことだ」

「ROCには常に多くの非常に速いドライバーが出場するが、凍った海上に設けられる新たな氷のパラレルトラックは、大きな未知の要因となるだろう」

 クリステンセン、ローブ、ソルベルグはすでにイベントへの参加を発表しており、マティアス・エクストローム、トラビス・パストラーナ、現WorldRX世界ラリークロス選手権王者のヨハン・クリストファーソン、人気上昇中のオリバー・ソルベルグ、また、チーム・フィンランドのボッタスのパートナーを含む多くのドライバーたちの発表が待たれている。

 ROCは前回は2019年にメキシコで開催されたが、最近のイベントは新型コロナウイルスのせいで延期されていた。

 今回のファイナルは、スタジアム内のアスファルトトラックから初めて場を移し、スウェーデンのピテ・ハブスバッドの凍結したバルト海に設営される専用コースで開催される。
    ニュース設定