連合会長選、立候補者出ず=初の届け出期限延長、30日まで

1

2021年09月22日 21:01  時事通信社

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真連合のシンボルマーク
連合のシンボルマーク
 労働組合の中央組織、連合は22日、次期会長を決める役員選挙で、立候補の届け出を締め切った。関係者によると、会長への立候補者が出ず、選挙管理委員会は届け出期限を30日に延長することを決めた。延長は連合発足後初めて。次期会長を選出する定期大会が10月6日に迫る中、候補者が定まらない事態となっている。

 会長の任期は1期2年。現職の神津里季生会長(65)は3期目で、在任の長期化を理由に10月の任期満了に伴い退任する意向を示している。 
    ニュース設定