第9世代iPadに感じた妥協しない価値 iPad miniとクイックメモに感じた新しい展望

1

2021年09月22日 22:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真この秋のスペシャルイベントでは、一見マイナーチェンジに見える第9世代iPad(左)と、大きく様変わりしたiPad mini(右)が発表された
この秋のスペシャルイベントでは、一見マイナーチェンジに見える第9世代iPad(左)と、大きく様変わりしたiPad mini(右)が発表された

 Apple秋のイベントで発表されたのは、iPhoneとApple Watchだけではない。約80分間の講演のうち、2割にあたる16分はiPadの最新ラインアップについて割かれた。前製品とほとんど変わらないサイズの「10.2インチiPad(第9世代)」と、大きく変更がなされた「iPad mini(第6世代)」だが、魅力の方向性が全く異なる両製品に触れると、改めてAppleの製品開発の基本姿勢がよく見えてきた。



【その他の画像】



●ただ安いのではない! 長く使えるのに手頃な価格の第9世代iPad



 新型iPadは、あえて2年前から変わらない形を継承する。そのため、豊富なアプリはもちろん、充実のアクセサリーもそのまま使える。完成された形を維持しながら、実はフロントカメラは122度の視野角を持つ超広角の1200万画素カメラに進化した。



 好評のセンターフレーム機能に加え、液晶画面は周囲の光に合わせてナチュラルな色再現を行うTrueToneに対応している。さらに、ストレージ容量も前モデルから2倍となる64GB/256GBとなって実用性を向上させている。プロセッサも2020年モデルから1世代進化したA13 Bionicになった。



 この視点は軽視されがちだが、iPhoneとiPadは新機種に乗り換えなくても長く使い続けられることも大きな魅力の1つだ。なんと最新のiPadOS 15も、7年も前のiPad Air 2にまで対応している。



 これまでの実績を考えると、第9世代のiPadも確実に5年先の2026年くらいまでは現役製品として妥協せず、広い用途で活用できるはずだ。プロセッサやストレージのアップデートは、それを見越したものだろう。今から2020年の第8世代iPadを入手するよりも、第9世代の方が確実に1年は長く使える、先の長い投資という視点も忘れてはならない。



 それでいて価格はWi-Fiモデルで3万9800円(税込み、以下同様)からと、手頃なのは大きな魅力だ。次の項で詳しく述べるが、やはりiPadの最大の魅力はスマホと兼用のOSではなく、タブレットならではの使い勝手を考えて設計された定評のiPadOSを使えることにある。このOSが4万円を切る価格で使えるというだけで、第9世代iPadの価値は高い。



 この価格設定は、これまでiPadになかなか手を出せずにいた個人の懐にも優しいが、教育市場ではさらに大きな意味を持つ。



 中には、もっと安価なノートPCやタブレットが世の中には存在するという人もいるだろう。iPadの3万9800円の価格は本体だけであり、Apple Pencil(1万1800円)やSmart Keyboard(1万8800円)は別売りだ(他社製のキーボードならもっと安く買える)。



 だが、価格が大事なのは購入する瞬間だけであり、それに対して購入した後、例えば在学中の間は、ずっとタブレットの品質が日々の授業に大きな差を生み出すことになる。



 標準サイズのiPadは、既に世界中の教育機関に導入された実績があり、利用方法の制限やOSのアップデートなど、教室での活用の上で重要な一括管理の仕組み用意されている。



 ハード的にはフロントカメラが超広角撮影に対応したのは大きな変更で、学校などでよく作成する説明動画や、ダンスなどのスポーツの練習動画を画面で確認しながら撮影できるのは大きな長所だろう。一方、ソフト的には新しいiPadで追加されたクイックメモ機能(後述)が非常に有益に思えた。



 学校へのパソコンやタブレットの導入が必須となったが、導入までは入り口に過ぎず、ちゃんと学びに役立てることができて初めて価値がある。iPadでは大量の導入実績があるからこそ、豊富な活用事例やトラブル対策の情報が共有されており、例えばiOSコンソーシアムが運営する「iPadと学び――実践に向けての知恵の共有サイト」などのサイトにまとめられているのも大きな強みだ。



 1980年代からコンピューター時代の教育を模索し続けてきたApple。自らも「Everyone Can Create」と「Everyone can Code」というデジタルを道具として活用し、自らの能力を伸ばすことに重点を置いた非常に優れた教材を、Apple Booksの電子書籍として出している。



 特定のデジタルツール機器や特定のOSバージョン、特定のアプリに依存した形ではなく、生活や学びを良くするためのヒントを提示し、それをデジタルツールで補うといったスタンスでの作りが、非常に本質的で好感が持てる素晴らしい教材で、この本を読んで実践する専用ツールとしても十分4万円の価値があると思う。



●iPadに卓越した価値をもたらすiPadOS 15



 他社製タブレットの多くが、ただスマートフォンの画面を大型化したものであるのと同様に、長らくiPadもiPhoneと同じiOSで動く製品だった。ただし、画面サイズがメーカー次第で多種多様な他社タブレットと異なり、iPadを出しているのはApple1社だけだ。



 このため、iPad用に最適化されたアプリも100万本以上あり、そうしたアプリでは例えば画面上のボタン間の距離が指の届く範囲かといった人間の身体の大きさに合わせた微調整が行われており、それだけにボタンが画面サイズに合わせて拡大/縮小されるだけにとどまる他のタブレット上のアプリと比べ、使い勝手が良い(Androidタブレットでも、人気の画面サイズに合わせてある程度のサイズ最適化は行える)。



 これだけでもiPadの大きなアドバンテージになっていたが、最近になってAppleはiPadにはiOSを元にしながらもiPadならではの使い方を意識して機能を拡張したiPadOSを提供しており、それだけにiPhoneとは違ったiPadならではの使い道がいくつも広がっている。



 最重要機能は、大きな画面を生かして複数のアプリを同時に利用するマルチタスク機能だろう。iPadOS 15では、3種類のマルチタスク機能が画面の上から簡単に呼び出せ、例えば画面の左半分で電子書籍を読みながら、右半分にWebブラウザを開いて本の中の気になる話題を検索して調べるといった使い方が簡単にできる。



 その状態から今度は画面の左半分はマインドマップ、右半分はワープロの組み合わせに切り替えて本で学んだことを文章にまとめる、といった具合に複数アプリ画面の組み合わせを切り替えて作業も行える。これらはいずれも、iPhoneでは画面サイズ的にもOS的にもできない作業だ。



 iPadOSのもう1つ重要な最新機能がクイックメモだ。うまく使いこなせば、もしかしたらiPadの使い方を根底から変えてしまいそいそうな可能性すら感じさせる。



 画面の右下から内側に向かって指やApple Pencilでなぞると、画面上に付せんのようなメモが表示される。何か思いついたときに、この簡単な操作でメモを作成して、文字を入力したり、Apple Pencilで手書きしたり(アルファベットなら認識され、検索やコピー&ペーストも可能だ)、カメラで重要情報を撮影して記録したりもできる。



 だが、さらにすごいのは、iPadで直前まで行っていた作業とリンクさせられる機能だ。



 例えば何か関する面白いWebページを見つけたら、すかさず画面右下からのスワイプアップで「クイックメモ」を表示。新規メモを作成してそのサイトについてのメモを手書き、あるいは画面上のキーボードで入力し、「リンクを追加」する。



 後日、学んだことを反すうしようと再びそのWebサイトを訪れると、画面の端から前回取ったメモが飛び出てくる(ネットの接続j状況によってしばらく時間がかかることがあったり、現状、少し動作が不安定なところがあったりする)。



 あるいは時間が経ってからメモのキーワード検索で、そのときのメモを見つけたらメモに貼られたリンクを押して、関連付けたWebサイトを表示させることもできる。



 同様にマップアプリでも気になった施設を表示したら、クイックメモを作成してその場所へのリンクを追加しておく。すると後日、クイックメモで検索して表示したそのメモから地図のその場所を表示することもできれば、地図で次回、その施設を検索したときに以前に書いたメモが表示されるのだ。



 クイックメモはある意味、iPad上で見たあらゆるものに貼ることができる付せんメモである。



 これまで電子書籍など、注釈やメモ機能が付いたアプリはいくつかあったが、メモした内容はアプリごとにバラバラに管理されていた。これに対してPadOS 15のクイックメモは、この付せん/メモを全てiPad標準のメモに統合しようとする貴重かつ画期的な一歩で、iPadのメモアプリ上にアプリの壁を超えて知の集大成を築くことができそうかもと期待を抱いてしまう。



 見ているコンテンツそのものにダイレクトにリンクをするには、アプリ側の対応が必要で(開発者の人はこちらを見て対応を進めて欲しい「Adopt Quick Note」)、対応していないアプリではアプリ単位でのメモ表示になってしまう。



 一例を挙げると、Apple Booksでも書籍単位で対応した付せんを貼り付けることはできるが、ページ単位とまではいかないようだ。iPadの使い勝手をさらに飛躍させるために、今後はぜひそのレベルで使える機能に進化させて欲しい。



 iPadOS 15では、iOS 15の全ての機能に加えて、上記の機能、さらにはSwift Playgroundでアプリを自作してApp Storeに登録することができる開発系の機能なども追加されている。



 スマートフォン用のOSを、ただ画面が大きなタブレットでも動くようにしただけではなく、iPadならではの絶妙な使い勝手を提供しているこのiPadOSが使えるというだけでも、iPadは非常に価値が高いと言えるだろう。



●半分のサイズにiPadの最新トレンドを凝縮した「iPad mini」



 最後に今回の目玉製品となる、iPad miniをレビューしよう。



 第9世代iPadの後にiPad miniに触ると、その圧倒的な魅力に度肝を抜かれる。iPadの半分ほどのサイズの製品なのに、表示している画面の画素密度はiPadの264ppiに対しiPad miniは326ppiと高く、それだけにホーム画面を見ただけで表示が引き締まっているように感じる。写真撮影時の背面カメラの映像も、かなり緻密だ(これはiPadのカメラが800万画素なのに対して、iPad miniの方が1200万画素の良いカメラを搭載していることもあるのだろう)。さらにiPad miniのカメラは、明暗差が激しい写真を美しく撮れるスマートHDR 3にも対応している。



 でも、小さい画面だから映像の迫力は落ちるのではないか? と思ったが、映画を見てみると、全くそのようなことはないことに驚いた。iPadのスピーカーはホームボタン側にのみ内蔵されており、水平に構えて映画を見るときには片側からしか音が聞こえてこない。それに対してiPad miniは4つスピーカーを備え、構えた向きに合わせて常に立体的に音を再生しようとする。



 画面のはるか外側から走ってくる自動車の音を含んだ動画をiPad miniで聞くと、iPadでは味わえない迫力を感じた。



 搭載しているプロセッサは、iPhone 13/13 Proシリーズと同じ最新かつ最高性能のA15 Bionicだ。これまでのiPad miniとは、機械学習の処理などで最大2倍近い性能差と圧倒的に速く、Photoshopなどのプロ用アプリも楽々使える(何せプロセッサ的にはiPad Airよりも1世代進んでいるのだ)。



 通信機能も5G(Wi-Fi+Cellularモデルの場合)やWi-Fi 6に対応して高速だし、ポートもより高速で幅広い周辺機器が選べる業界標準のUSB Type-C端子を新たに搭載した。これによりデジタルカメラはもちろん、その他、幅広い機器が接続できるようになっている。



 これまで、同程度のサイズのタブレットは他のメーカーからも出ていた。しかし、そのほとんどは機能を落として価格で勝負する廉価な製品だった。iPad miniのアプローチはそれとは正反対で、小さい本体サイズを秀でた製品の特徴と捕らえ、このサイズに詰め込める最高の機能を凝縮している。



 だから最低価格も5万9800円からと、倍ほどのサイズの第9世代iPadに比べて2万円以上高い。でも、よく考えたらそれは当たり前だ。それだけ優れたミニチュアリゼーションの技術を施しているのだから。よく日本人は、近い性能の商品ならよりコンパクトな機器を好むと言われるが、本当にそうだとしたら、このiPad miniは、そんな日本人のために作られたiPadだとすら思えてくる。



 さて、iPad miniと第9世代iPadを隔てる大きな違いの1つがUSB Type-C端子の採用だ。人によっては、これだけでこの製品を選ぶ大きな理由になり得る。例えば医療用の超音波センサーを使って訪問医療を提供したい医師や、バッグに小型のシンセサイザーとiPad miniを常に忍ばせて、どこでも音楽パフォーマンスを披露したいミュージシャンなどだ。iPad miniの優れた携帯性とUSB Type-Cの接続性で新しいワークスタイル/ライフスタイルが誕生しそうな予感すら覚える。



 このUSB Type-C端子の採用で変わったことが他にもある。Lightning端子に挿して充電する第1世代のApple Pencilではなく、本体側面にマグネットでくっつけて充電する第2世代Apple Pencil(1万5950円)に対応したのだ。当然、iPad miniの側面はこれに伴ってフラットエッジ(平らな側面)になった。



 片面に第2世代Apple Pencil、反対の側面にカバーをくっつけることを前提とした新iPad miniには、もう1つデザイン上の変化が必要だった。これまで側面にあった音量ボタンを電源ボタンと同じ側に移動する必要があったのだ(その反対側にはUSB Type-C端子がある)。



 これまでとは90度違う向きとなり、電源ボタンと一列に並んだ音量ボタンで操作に迷わないのか最初は不安に思った。Appleはこの問題をどう解決したのだろうか。



 まず第1のステップとして、ホームボタンをなくした上下/左右の方向がないオールスクリーンデザインが採用された。オールスクリーンサイズのiPad Proは、スピーカーを4基採用して、構えた向きに合わせてスピーカーの左右チャンネルが自動的に切り替わる。実はこれと同様の仕組みで、iPad miniの音量ボタンも構えた向きで、自動的に役割が切り替わるのだ。



 本体を水平に構えたときには、常に上のボタンが音量アップ、下が音量ダウンだ。



 では、垂直方向に構えた場合は左右どちらが音量アップになるか、みなさんはお分かりだろうか?



 最初は、ここで混乱するのではないかと心配した。しかし1度ボタンを押すと、取り越し苦労だったと分かった。音量を調整すると画面に横長バーのボリューム表示が現れるが、このバーは音量を上げると右側に伸びていく。この表示に合わせて、音量ボタンが左右に並んだときには、常に右側が音量アップという納得のいく仕様になっていた。



 iPad miniでは、この他にもフロントカメラが、センターフレーム対応の超広角レンズになったり、マスクが当たり前の日常にうれしい指紋認証(Touch ID)が電源ボタンに組み込まれていたりと、2021年度のiPadの新しいトレンドも積極的に取り入れた、非常に魅力の大きな製品に仕上がっている。



 AppleはよくiPadを魔法のような機器とうたっていたが、この小さいiPadに最新の魔法が全て凝縮されているのだ。



●クイックメモ機能がもたらすiPad miniならではの新たな可能性



 iPad miniを使ってみた感想はここまでが半分だ。残りの半分は、この製品に感じたすさまじい可能性について書かせてもらいたい。



 このiPad miniとiPadOS 15のコンビ、特にクイックメモ機能との組み合わせには、これから先のiPadという製品の印象を根本から変えてしまいそうな大きな可能性を感じた。



 例えばTVや雑誌で気になるレストランを紹介していたら、iPad miniのカメラでパシャッとそれを撮影し、右下からクイックメモを出し「#気になるレストラン」とハッシュタグを追加する(iPadOS 15、iOS 15ではメモにハッシュタグを加えて串刺し検索できる)。



 電子書籍を読んでいて気になる部分があったら、そこでも付せんを貼るようにしてクイックメモを追加する。旅行先で次回の訪問に行ってみたい場所を見つけたら、マップアプリを開いて位置情報を確認した上で地図にクイックメモの付せんを貼ってしまう。



 こうすることでiPhone/iPadのメモに、あなたの人生を豊かにするメモがどんどんと蓄積されていく。これまで一度見たら、その場で消費しておしまいだった情報が、メモアプリの中に一生モノのメモとしてどんどんと蓄積されていく。



 よく有名クリエイターを紹介するTVや雑誌のインタビューで、何十年も大事な情報を書きためた大事なノートが紹介される。これまでそうしたノートは紙でしかありえないと思っていた。



 しかし、iPad miniとクイックメモの組み合わせを体感したとき、初めて一生モノに近いノートがデジタルでも可能なのではないかという感触を感じた(もちろん、AppleがiPadとメモ機能をいつまで維持してくれるかに依存する部分はあるが……)。



 クイックメモはiPad miniだけの機能ではなく、第9世代iPadでも、iPad Airでも、iPad Proでも利用できる。でも、重さを意識せずに常に持ち歩け、気になったときにカバンのポケットからサッと取り出せてメモが取れる、という機動性を考えるとクイックメモが一番大きな価値を発揮するのは、このiPad miniではないかと思う(正直、Pro Max仕様のiPhoneをApple Pencilとクイックメモに対応させて欲しいという思いは少しある)。



 そう考えると、今回のiPad miniは、既に写真/ビデオ編集用にiPad ProやiPad Airを持っている人でも、それとは別のメモ専用機として1台持つ価値がある製品なのではないかと感じている。


このニュースに関するつぶやき

  • iPad air2使っててそろそろ新しいの買おうかと思ってたんだなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定