尾木ママ、大谷翔平選手の45号HRに歓喜 「本塁打王の可能性は大です」

1

2021年09月23日 01:00  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

(写真提供:JP News)

22日、教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログを更新。同日に第45号本塁打を放ったロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手についてつづった。

■本塁打を分析

尾木ママは「大谷選手がアストルズ戦8回2番DHで136メートルの特大弾を右翼席に打ち込みましたね」と大谷選手のホームランを振り返る。

8月以降不調だった大谷選手だったが、尾木ママは「大谷選手のバッテングがつい最近、センター打ちから左翼よりに変化しており、打つフォームも次第に豪快になっているのを見て、本格的な美しい45号は間近を確信していました」と分析。

■本塁打王と10勝へ期待

続けて、尾木ママは「後、11試合しかありません! しかし一本差で先頭はしるゲレロjr.とペレスの2人を一本差で追いかける展開になりました。追いかけるほうが集中力が発揮出来るはず。本塁打王の可能性は大です」と大谷選手の日本人初本塁打王に期待の様子を露わに。

また、「更に10勝投手も目前。投打の活躍には神の域ニコニコ。尾木ママのテンションも上がりっぱなし」と投げても強い大谷選手への活躍に歓喜している。

【動画】尾木ママ絶賛の大谷選手の45号本塁打

■4打数2安打の大活躍

大谷選手は、22日の試合で「2番・DH」でスタメン出場。1、2打席目は凡退に終わったものの、6回1死1塁で迎えた第3打席にライトへのヒットでチャンスを作る。続くフィル・ゴゼリン外野手がセンターへ本塁打を放ち、得点へ貢献した。

8回の第4打席の2ボール1ストライクから、特大本塁打を放つ。4打席2安打1打点の活躍を見せ、打率は2割5分7厘となった。

■大谷選手の45号本塁打

445ft for #45! pic.twitter.com/xhbfoASVjI

— Los Angeles Angels (@Angels) September 22, 2021

このニュースに関するつぶやき

  • うん。なんでニュースになった?(笑)
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定