新人グラドル・葉月愛梨、セクシーダンスに赤面 「世界で1番恥ずかしくて…」

2

2021年09月23日 05:40  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

新人グラビアアイドルの葉月愛梨が、1stイメージDVD『はじめての果実』(竹書房)の発売記念イベントに登場。しらべぇ取材班は彼女に突撃し、作品の見どころについて聞いてきた。

■記念すべきデビュー作

記念すべき1stイメージDVDは、6月に千葉の館山で撮影された。デビュー作を手に取った彼女は、「すごい綺麗にパッケージを作っていただいて、すごく嬉しいです」を嬉しそうな表情でコメント。

本作は、ナース役を演じる葉月が彼氏と初めて旅行へ行くストーリーになっており、「内緒で旅行先にナース服を持ってきたよ! みたいな感じのサプライズがあります」と説明してくれた。

■「過激な彼女みたいな…」

ダンスシーンでは、セクシーなゴールドビキニ姿を披露しており、「派手な水着で、けっこう好きでした。ダンスは世界で1番恥ずかしくて、本当に踊れなかったので、ジャンプジャンプしてました(笑)」と照れ笑い。上下に揺れる豊満バストが刺激的なシーンだ。

1番セクシーなのは? と質問されると「急にボンテージを着て、Sになってしまうシーンです」と説明。「過激な彼女みたいな感じですね。初めての体験だったので、すごい恥ずかしかったです」と語っている。また、自身は「多分Mだと思います」とのこと。

■「素敵な大人に」

本作の仕上がりについては「すごい緊張してしまってガチガチだったので、60点」と厳しめに自己評価し、「どんどん成長していけたらなと思っています」と意気込んだ。

今後の作品でしてみたいことを聞かれると、「着物が似合う女性になりたいと思っているので、浴衣のシーンとか旅館のシーンを撮ってみたいです。素敵な大人になりたいですね」と述べた。憧れているグラドルは同じ事務所の日向葵衣とのこと。

■大きな夢が…

彼女がグラビアデビューをしたきっかけは、夢を叶えるためなんだとか。人前に出るのが苦手な葉月は、かなりの恥ずかしがり屋らしく「今も恥ずかしがり屋は変わっていないんですけど、自分が本当にやりたいことは何かと考えたときに人を癒したり、将来的に家庭環境が悪い子供とか障害を持つ子供がいるご家庭とか、そういった方の役に立ちたい、支援をしていける立場になりたいと思っていて…」とコメント。

続けて、「そのために影響力を持ちたいと思って、まずは自分がチャンスをいただいているので頑張っていって、後々そういった支援ができるくらい有名になって色んな人の癒しになりたいです」と大きな夢目標を掲げた。今後も夢に向かって精力的に活動していく彼女に注目だ。

【葉月愛梨(はづき・あいり)】

1994年5月7日生まれ/出身地:神奈川県/T157・B89・W59・H89/趣味:三味線、読書、自然、神社、温泉巡り/特技:タロット占い

このニュースに関するつぶやき

  • 普通ですよね。
    • イイネ!17
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定