“オーダーメイド感覚の枕”を買った猫飼いの悲劇 2コマ漫画に「猫あるあるすぎw」「全ては猫様のために」と共感の嵐

4

2021年09月23日 08:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真すやすやぁ
すやすやぁ

 「ニトリ」の新しい枕を買った結果――。猫飼いに訪れた悲劇を描いた2コマ漫画が、共感の嵐を呼んでいます。うなずき過ぎて首がもげそう!



【画像:漫画を読む】



 漫画家・イラストレーターの東雲ネコ太郎さんは、ニトリの「高さ10ヵ所調整できる枕(パイプ)」を購入し、期待に胸をふくらませていました。この枕は本体から中材を出し入れでき、計10カ所の高さを微調整できるもの。公式サイトでも「オーダー感覚!」とうたっているように、全体の高さや寝心地を自分好みにすることができるそうです。



 きっと更なる安眠をもたらしてくれるはず、そう思いながら早速枕を使おうとしたネコ太郎さんでしたが、そこにやってきたのは……。



 11歳の愛猫「たまこ」さん。当然のように、新しい枕を占拠しスヤスヤと眠ってしまいました。うん、とっても寝心地がよさそうだ! 



 そのかたわらで、枕のはしっこに頭を乗せて天井を見つめるネコ太郎さん。切ない、しかし愛する猫さまのためなら……と葛藤しているのでしょうか。虚無な表情を浮かべる気持ち、痛いほど分かります。



 漫画には「同じです。ずっと枕占領されてます」「これは猫あるあるw」「全てにおいて猫ちゃんが優先される」など、模範的な下僕精神を見せてくれたネコ太郎さんへの共感コメントの他、「よっぽど寝心地がいいんですね」「いい枕の証」など、忖度しない猫さまが気に入ったことで、ニトリの枕の購入を検討する人も見られました。



 たまこさんは元野良猫で、母猫が死んでしまい保護された猫さんとのこと。2021年11月には、ネコ太郎さんと家族になって11周年を迎える予定です。Twitterには、ネコ太郎さんの作品やたまこさんとのゆるやかで愛にあふれる日々が投稿されています。



 ネコ太郎さんが「GANMA!」で連載していた「猫娘症候群(かとるすしんどろーむ)」は単行本1〜6巻がAmazon他全国の書店で販売中。YouTubeチャンネル「東雲ネコ太郎」では、お絵描き配信やゲーム雑談などの動画が公開されています。



画像提供:ネコ太郎(@nekotarou0721)さん


このニュースに関するつぶやき

  • ブニー感が伝わってくる
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定