藤原竜也×松山ケンイチW主演『ノイズ』 追加キャストに黒木華、永瀬正敏

0

2021年09月23日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ノイズ』に出演する黒木華、永瀬正敏 (C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会
映画『ノイズ』に出演する黒木華、永瀬正敏 (C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会
 俳優の藤原竜也と松山ケンイチがダブル主演する映画『ノイズ』の追加キャストとして、黒木華が主人公・圭太(藤原)の妻役、永瀬正敏が県警の刑事役で出演することが発表された。

【動画】『ノイズ』特報

 筒井哲也の漫画『ノイズ【noise】』を映画化する本作は、絶海の孤島に入り込んだサイコキラーの死体を巡り繰り広げられるサスペンスエンターテインメント。

 絶海にぽつりと浮かぶ孤島・猪狩島。過疎化に苦しむ島だったが、島の青年・泉圭太(藤原)が生産を始めた黒イチジクが高く評価され、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには希望の兆しが見えていた。そんな平和な日常がある男の登場によって一変する。男の名は小御坂睦雄(渡辺大知)。圭太と彼の幼なじみの猟師・田辺純(松山)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え、追い詰めていくが、その日の夕方、圭太の娘の失踪を機に、過って小御坂を殺してしまう。

 島と家族の未来を守るため、3人はこの殺人を隠すことを決意。しかし、小御坂の足取りを追って県警が大挙して押し寄せ、静かな島は騒然とする。なんと小御坂は元受刑者のサイコキラーだったのだ…。

 黒木は主人公・圭太と共にイチジク農園を切り盛りする優しい妻・加奈を演じる。黒木は「この猪狩島という架空の島で、家族や、周りの人々がどういう風に変わっていくのかを意識しながら、新鮮な気持ちで物事をみるようにしていました」と話し、「もちろん台本を読んで演じましたが、どんな映画になっているのか想像がつかない部分も多かったので、実際の作品をみてこんな風になっていたのかと驚きました」とコメント。

 永瀬は、県警の敏腕刑事の畠山努を演じる。突如姿を消した元受刑者の小御坂睦夫の後を追って、圭太たちの住む猪狩島に訪れるが、三人の挙動に不信感を覚え、次第に追い詰めていくという役どころだ。永瀬は「主人公達を追い詰める畠山刑事と言う役を頂いて初廣木組を心の底から堪能させていただきました。現代における様々な問題点が凝縮された本作品。参加させて頂き、感謝しています」と語っている。

 映画『ノイズ』は、2022年1月28日より全国公開。
    ニュース設定