フジ「+Ultra」がクランチロールと共同製作体制を開始、谷口悟朗の新アニメ企画も

0

2021年09月23日 10:01  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「+Ultra(プラスウルトラ)」ロゴ
「+Ultra(プラスウルトラ)」ロゴ
2018年10月に放送をスタートしたフジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」が、クランチロールをパートナーに迎え、新たな製作体制をスタートさせることが発表された。

【大きな画像をもっと見る】

クランチロールは世界200以上の国や地域で、日本のアニメやマンガなどのコンテンツ配信を行う世界最大級のプラットフォーム。「+Ultra」ではクランチロールが蓄積したノウハウや知見を生かし、アニメの企画開発・製作を共同で行っていく。またクランチロールは北米・欧州を中心に、アジア以外の全世界で「+Ultra」のコンテンツのマーケティングと独占配信、および商品化を含めたアニメビジネスを強化。さらに、アニメを中心にさまざまなエンタテインメントコンテンツの企画・プロデュース・宣伝を手がけるスロウカーブが、世界に向けたアニメの企画開発に参画していくことも伝えられた。

今後「+Ultra」では、谷口悟朗が総監督を務めるオリジナルアニメ企画「エスタブライフ」、弐瓶勉とポリゴン・ピクチュアズによる新プロジェクトなどの制作が決定している。またクランチロールの参画により、海外のタレントやクリエイターとの協業企画なども検討。海外市場を視野に入れたオリジナル企画の開発や、原作の発掘なども予定されている。

共同開発作品に先がけて、10月から「+Ultra」枠で放送される「マブラヴ オルタネイティヴ」が、北米・欧州を中心としたアジア以外の全世界で、「+Ultra」とクランチロールによる独占配信を実施。さらにアニメの放送に合わせ、「Project MIKHAIL」といった新作ゲームもリリース予定だ。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定