【カムカムエヴリバディ】松村北斗“朝ドラ”出演決定で田中樹から愛ある“いじり”

0

2021年09月23日 13:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で名家の御曹司・雉真稔を演じる松村北斗(C)NHK
2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で名家の御曹司・雉真稔を演じる松村北斗(C)NHK
 人気グループ・SixTONESの松村北斗(26)がこのほど、2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(11月1日スタート)の合同取材会に出席。初の“朝ドラ”出演が決まった時の思いや、メンバーとのやり取りを明かしてくれた。

【場面写真】優しい笑みを浮かべる松村北斗演じる雉真稔

 本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。“朝ドラ”史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石萌音、その娘・るい役を深津絵里、その娘・ひなた役を川栄李奈が演じる。

 松村が演じるのは、地元で有名な名家の御曹司・雉真稔(きじま・みのる)役。家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生で、英語が堪能な好青年。稔との出会いが安子の運命を動かしていく…という役どころ。

 オーディションを経て決まった出演だったが「変な感じで伝わってきました」といい「2次面接をした後に『もう1回くらいオーディションがありそう』という雰囲気でマネージャーさんに言われていたんです。その数日後に、滝沢(秀明)くんから『良かったね、頑張ってね』と言われて(笑)。もう1回くらいオーディションがあると思っていたから…」と、まさかのひと言で出演決定を知ったという。

 周囲の反応については「1番最初に反応したメンバーは田中樹です。わざわざ電話をしてきてくれました」といい「『どんな感じなの?』と聞かれて、7割くらい説明したところで(電話を)切られました(笑)。多分、それをやりたくて電話してきたんだと思います。よくあることなんですよね」と普段ともに活動するメンバーからのいじりも笑顔で話してくれた。

 稔は英語も堪能という役柄もあるが「小学生の時に英語の塾に通っていたり、定期的に英語は勉強していて、なんとなく土台はある状態でした。でも、時代が変われば日本語の使い方が違うように、英語も違う。出演が決まってからレッスンを組んでいただきました」と練習に励んだ。

 メンバーのジェシーから英語は習わなかったか聞かれると「彼も結局現代人なので、聞かないようにしていました(笑)。『ラジオ英会話』で扱われていた発音とかを聞いていたので、ジェシーの顔は浮かばなかったです(笑)」と話した。
    ニュース設定