夜行列車に乗って秩父温泉の朝風呂をキメに行く! 秩父鉄道「6000系夜行快速いでゆ」旅プランが限定発売

109

2021年09月23日 16:47  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真6000系急行型電車による「秩父鉄道6000系夜行快速『いでゆ』熊谷行と秩父温泉朝風呂の旅」
6000系急行型電車による「秩父鉄道6000系夜行快速『いでゆ』熊谷行と秩父温泉朝風呂の旅」

 列車で夜を明かして、温泉で朝風呂……! そんな夢のような旅プラン「秩父鉄道6000系夜行快速『いでゆ』熊谷行と秩父温泉朝風呂の旅」を、秩父鉄道と日本旅行が2021年10月30日と11月13日に実施します。



【画像】朝風呂の地、温泉「祭の湯」



 列車名の「いでゆ」は、かつて国鉄などが山陰方面や伊豆方面の温泉地へ向かう観光列車として運行していたもの。



 今回のツアーでは、普段「急行秩父路」で使われている6000系急行型電車を夜行列車として運転。クロスシート主体の急行型電車でノスタルジックな夜行列車を楽しめるだけでなく、翌朝には秩父温泉で朝風呂に入浴するという、夜行列車と温泉を同時に楽しめる行程となっています。



 ツアーは23時30分ごろに熊谷駅を出発後、羽生駅で一度折り返し、翌2時35分に三峰口駅に到着。三峰口駅ではツアー参加者専用の撮影会が行われます。



 三峰口駅を3時40分に出発し、御花畑駅に5時38分に到着後、徒歩で西武秩父駅前温泉「祭の湯」へ移動します。温泉と朝食を楽しみ、再び「いでゆ」号に乗車し、終点の熊谷駅へと向かいます。



 ツアー所要時間は、御花畑滞在時間を含めると10時間52分。秩父鉄道夜行列車史上、最長所要時間の列車となります。



 実施日は2021年10月30日出発〜31日帰着、11月13日出発〜14日帰着の2回。料金は大人1人あたり、2席(ABまたはCD席)占有プランが1万8500円、1ボックス(ABCD席)占有プランが3万4800円。いずれも小人料金の設定あり。ツアー代金にはフェイスタオル・バスタオル利用代金も含まれます。



 申し込みは2021年9月21日15時から、日本旅行のWebサイトで受け付けます。


このニュースに関するつぶやき

  • 気になったけどまず熊谷までが遠いんだよなぁ;x;
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • お座敷列車でゴロ寝出来ないと辛いよね…(^◇^;)
    • イイネ!33
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(64件)

ニュース設定