佐藤健、泥水浸けで絶叫「ふざんけんな!」 映画『護られなかった者たちへ』迫真のメイキング映像

0

2021年09月24日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真佐藤健自ら提案した泥水絶叫シーンの撮影の様子=映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開) (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
佐藤健自ら提案した泥水絶叫シーンの撮影の様子=映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開) (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)より、メイキング映像が解禁となった。予告映像の冒頭でも使用されている佐藤演じる利根が、泥水に顔を突っ込まれながらも「ふざんけんな!」と絶叫するシーンの裏側だ。

【動画】佐藤健が泥水浸けで叫ぶ! 迫真のメイキング映像

 震災後の避難所で、利根がほかの被災者とトラブルになり、地面に押さえつけられてしまう場面。 「不器用で、熱くなったら止められない」と佐藤自身も語る、“利根泰久”という人物のエネルギーが高まった瞬間の1シーンだ。この映像が特報映像で世に出た瞬間から騒然となったこのシーンは、一連の動きを入念にチェックして挑むなど、現場でも慎重に撮影された。撮影合間には、共演の波岡一喜と笑顔で談笑する様子も見せる佐藤だが、カメラが回った瞬間、感情があふれ出る”利根”となる、その変わりように驚かされる。

 佐藤はグラウンドにできた泥の水たまりを見て、「遠慮せず、僕の顔を泥水に全力で突っ込んでください」と共演者に提案。積極的にこのシーンの作り込みに臨んだ。倒れ方や顔の浸かり方を細かくスタッフ・共演者と確認し、率先して段取りを進めていく。結果、顔の半分が泥水に浸かった状態で絶叫するという衝撃のシーンが誕生した。全身全霊で芝居に臨む佐藤の熱情とスタッフがひとつになった瞬間であり、本編も観る者の心を震わせるシーンとなっている。

 本作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの男・利根。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか? 利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく――。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定