真中氏が「もったいない」と感じたDeNAの守備は?

1

2021年09月24日 08:44  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・三浦大輔監督
DeNA・三浦大輔監督
● DeNA 2 − 4 ヤクルト ○
<20回戦 横浜>

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏が、DeNAのセンター・桑原将志、ライト・オースティン、セカンド・牧秀悟の間にポトリと落ちる安打について言及した。

 0−3の7回二死走者なしからヤクルト・塩見泰隆が右中間に放った打球を、センター・桑原、ライト・オースティン、セカンド・牧が追うもその間に落ちる安打となってしまった。

 この守備に真中氏は「外野手がもっと大きな声を出してあげて、ジェスチャーとかして牧を抑えてあげると、牧も動きやすいなと感じますね。ああいうプレーは、もったいないですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定