ボルボ、30年までに革素材全廃=動物福祉や温室ガス削減で

107

2021年09月24日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真ボルボ・カーの電気自動車(EV)「C40リチャージ」の内装(同社提供・時事)
ボルボ・カーの電気自動車(EV)「C40リチャージ」の内装(同社提供・時事)
 【ロンドン時事】スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーは23日、シートやハンドルなど内装での革素材の使用を2030年までにやめると発表した。アニマルウェルフェア(動物福祉)に貢献するとともに、牛による温室効果ガスの排出削減につなげる狙いがある。

 今後発売する電気自動車(EV)の新型車から革素材を使わず、リサイクルや植物由来の素材に切り替える。同社は30年までにすべての車をEVにする計画を公表しており、革素材の全廃も同時に達成したい考えだ。 

このニュースに関するつぶやき

  • ボルボみたいな企業でも完全撤廃には10年弱かかると判断してる。自分も不完全だけど頑張ろう。おー(∩´∀`)∩
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 牛肉を食べなくなるわけじゃないだろうにねぇ。
    • イイネ!55
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(74件)

ニュース設定