日本テレビ新人アナウンサー・黒田みゆ、『news zero』お天気&カルチャーキャスターとして新加入

1

2021年09月24日 12:02  デビュー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真日本テレビ新人アナウンサーの黒田みゆ。
日本テレビ新人アナウンサーの黒田みゆ。
 日本テレビ新人アナウンサーの黒田みゆが、27日から『news zero』月曜から水曜のお天気とカルチャー担当として、新加入することが決定。黒田は同番組が初のレギュラー出演となる。

【写真】ZIPお天気キャスターの貴島明日香は公式YouTubeも好調。

 黒田アナは、関西生まれの関西育ち。入社を機に上京したが、新型コロナの影響で「東京の色々な場所にまだほとんど行っていない」という“フレッシュ”な新人。お笑い大好きで、同じ関西出身の有働キャスターとのコンビネーションにも注目だ。また、学生時代には大阪市の今宮戎神社の“福娘”をつとめた経験もあり、番組に“福”をもたらしてくれることをスタッフも期待している。

 黒田アナは『news zero』加入を聞いた時の想いについて「初めての担当番組が『news zero』だと知ったとき、心から嬉しかったです。学生の頃から、ニュースを学びたいときはまずzeroを観て勉強していたので、いつか携わりたいと思っていました。zeroは、出演者やスタジオの雰囲気の温かさが画面からも伝わる番組だと感じています。zeroファミリーに加入できるのが本当に楽しみです」とコメント。

 『news zero』について「難しいテーマに対しても、解説が丁寧な印象があります」とイメージを語った黒田。「パートナーや出演者のみなさんも、年齢も職業も幅広いため、ニュースに対して様々な意見を聞くことが私の刺激になっていました。アナウンサーになった今、学生に一番感覚が近い、『新人』という肩書を武器に、様々な現場に飛び込み、新しい視点から情報をお伝えしたいです!」と自身の番組での立ち位置をイメージする。

 そして「お天気やカルチャーは、私たちの日常に必要不可欠な情報だと感じています。視聴者の皆さまの「明日」につながる情報を、分かりやすくお届けできるよう、全力で臨みます。『嬉しい』『悲しい』『驚き』…。自分の感情を声に乗せて、日々の出来事を『じぶんごと』として、丁寧にお伝えします」と意気込みを語った。
    ニュース設定