メルカリ、マルイ通販とデータ連携 通販で買った品の“メルカリ価格”表示、出品促す

0

2021年09月24日 14:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 メルカリは9月24日、フリマアプリ「メルカリ」で、丸井が運営するECサイト「マルイウェブチャネル」の購入データとの連携を始めたと発表した。



【その他の画像】



 丸井のECサイトの商品をメルペイ決済を使って購入すると、メルカリアプリ内の「持ち物リスト」に、商品の概要とメルカリ内での推定価格を表示。使い終わった商品の出品を促し、「一次流通と二次流通のさらなる融合を目指す」としている。



 持ち物リストは、メルカリで購入した商品に加え、メルカリと連携したECサイトでメルペイ決済を使って購入した商品をまとめたリスト。商品名や画像、メルカリ内での推定取引価格などが表示される。このリストから出品する場合は、商品説明などが自動入力されるため、入力の手間を減らせる。



 丸井のECサイトとメルカリの持ち物リストを連携することで、通販で購入した商品を使い終わったあとメルカリで売ってもらい、その代金で丸井ECから新しい品を購入する、といったサイクルを生み出したい考えだ。



 メルカリと丸井は2020年2月に業務提携し、マルイ店舗へのメルペイ導入や、新宿マルイ本館に実店舗「メルカリステーション」をオープンするといった事業を行ってきた。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定