「台風から温帯低気圧に変わりました」の言葉で安心するのはまだ早い!? 気象予報士・蓬莱大介の【お天気ライブ ほうらい屋】【30】

0

2021年09月24日 17:02  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

台風14号が、9月17日迷走の果てに福岡県に上陸しました。ミヤネ屋などでもお伝えしましたが、福岡県に直接上陸するのは、1951年からの統計史上初めてのことで、その後に四国の真上を横断していった進路も珍しいことでした。台風は平年ですと、25個発生します。ということは、来るか来ないかはまだわかりませんが、発生自体はまだまだありそうです。これから日本付近が涼しくなってくると、温帯低気圧に変わることが多くなります。「台風から温帯低気圧に変わりました」と聞くと、もう終わった感がありますが、実はそうではないんです。台風と温帯低気圧の違いは何でしょうか?『台風』と『温帯低気圧』の違いとは?そもそも台風は、熱帯で発生した風の渦。暖かい空気の塊で熱帯低気圧のその風が17メートル以上になると台風になります。海からの水蒸気が上昇し、雲が発生する時に熱が生まれます。それが台風のエネルギー源となります。温帯低気圧は、温帯地域で発生する低気圧で、暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いです。冷たい空気は重い性質があり、暖かい空気の下に潜り込み、暖かい空気は突き上げられて上昇気流となります。その時にエネルギーが生まれ、気温差が大きいほど、温帯低気圧は発達します。つまり、秋の冷たい空気がある所に台風のような蒸し暑い空気がくると、温帯低気圧の温度差はかなり大きく、莫大なエネルギーとなるんです。場合によっては台風以上に発達することもあり、雨風エリアは拡大することもあります。「台風から温帯低気圧に変わりました」という発表は、単に弱まりましたという意味ではなく、構造が変わるだけで、引き続き、警戒をしなければなりません。今後の最新の天気予報に注意をしてください。プロフィール蓬莱大介(ほうらい・だいすけ)気象予報士・防災士。1982年兵庫県明石市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2011年読売テレビ気象キャスター就任。 現在、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「かんさい情報ネットten.」「ウエークアップ」「a-yan」にレギュラー出演中。読売新聞(全国版)で連載記事「空を見上げて」を執筆。著書 「クレヨン天気ずかん」(2016年主婦と生活社)「空がおしえてくれること」(2019年 幻冬舎)

    前日のランキングへ

    ニュース設定