すみれおじさん、人気ファッション誌で完コス披露 人選理由にコスネームが影響?

0

2021年09月24日 21:21  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

コスプレイヤーのすみれおじさんが、ファッション誌『S Cawaii!(エスカワイイ)』2021年11月号(主婦の友インフォス刊、発売中)に登場。人気ライトノベルのキャラをコスプレイヤーが再現するという特別企画で、キュートなコスプレ姿を披露した。

■編集部から直接オファー

すみれおじさんが担当したのは、発売前間もなく増刷4,000部が決定したという話題作『はたらけ!おじさんの森』(ヒーロー文庫/著:朱雀伸吾)のヒロイン・森カンナ。

二足歩行の動物たちが暮らす島にトリップしてしまった4人のおじさんが、食料を調達し、魚を釣り、共同生活をするという“某人気ゲーム”を思いっきり想起させるハートウォーミングな作品で、テーマが“おじさん”であることから、直々に編集部からオファーが来たという。きっと、彼女のビジュアルの良さも人選の理由だろう。

■これぞ完コス

公開された写真には、森カンナの鮮やかなピンクヘア、白いトップス、赤いカーディガンをバッチリ決めたすみれおじさんの姿が。これ完ぺきなコスプレだ…。

衣装は、既製品のスカートやネクタイをリメイクし、より原作に近い形に寄せた。小さなベレー帽は型紙から起こして手縫いし、ピン留めできるようにしたというこだわりよう。

■カラコンはとくに厳選

そのなかでもとくにこだわりを見せるのが、カラーコンタクトの色合い。「自宅に常時100種類以上のカラコンを用意しているんですけど、そこから近い系統の色味を選出。メーカーによっても色味や発色ってかなり変わるので、すごく難しい」と完全再現を目指すコスプレイヤーならではの悩みも明かした。

さらに「着用写真の資料も光を当てた時のものと光が入らない時の発色のものを用意していて、そこから5種類くらいまで『これだ!』って思うものを選ぶんです。あらかじめ使うカラコンを決めていても、現場の撮影環境次第では発色が変わることもあるので、状況に合わせて変えています」と選別の難しさを教えてくれた。

■舞台にも挑戦

すみれおじさんは、コスプレ業界で必須と言われるレタッチ・画像加工“不要”のコスプレイヤーとしても知られる。

最近では、仮面ライダーシリーズ監督演出舞台やドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の木村ひさし監督監修舞台で俳優・渡辺裕之とも共演したほか、原宿系ファッションマガジン『HARAJUKU POP』(原宿POP刊)専属モデルとしても活躍。静止画だけでなく、動けるコスプレイヤーとして活動の幅を広げている。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定