井端氏も興奮の巨人・岡本の特大弾!「スゴイ」

2

2021年09月24日 21:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
巨人 6 − 6 阪神
<20回戦・東京ドーム>

 巨人の4番・岡本和真が、“これぞ4番”という仕事をした。

 0−3の3回無死一塁から吉川尚輝の投併で二死走者なしとなったが、松原聖弥が四球、続く坂本勇人の左安で一、二塁とし打席には4番・岡本。岡本は阪神の先発・西勇輝が投じた初球のチェンジアップを捉えると、打球はバックスクリーンに飛び込む第38号3ランとなった。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏は「ここで打てばあっぱれだなと思っていたところで、打つんですから、打った瞬間本人も確信をもっていましたし、大したもんだなと改めて思いましたよね」と絶賛。

 「これぞ4番の仕事。一振りで試合を振り出しに戻るあたりにさすが4番だなと思いますね。自分も興奮していますね、すごなと。チェンジアップかフォーク系のボール、真ん中付近にきたんですけど、完璧ですよね。あのなかで先頭メルセデスがかわって、ヒットを打って吉川選手がダブルプレーですから、いろんな選手を助けましたよね」と興奮気味に話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定