眞子さま&小室さんと対照的…百恵さん&友和、唐沢&山口智子らの幸せ結婚会見現場

5

2021年09月25日 06:01  web女性自身

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

web女性自身

写真写真

9月27日に小室圭さんが滞在先のアメリカから日本に一時帰国することが一部メディアで報じられるなど、着実に準備が整いつつある眞子さまと小室さんのご結婚。しかし、2人の前に問題は山積している。



「帰国後、眞子さまは小室さんとお二人で記者会見に臨まれ、結婚についてご報告される予定です。その後、10月中に婚姻届を提出し、皇籍を離脱された眞子さまは宮邸を離れ、パスポートなどの準備が整い次第、小室さんが拠点とするアメリカに向かわれる見通しと聞いています。



しかし、結婚延期の発端となった小室さんの母親・佳代さんの抱える金銭トラブルは未解決のまま。また、今回の結婚に関する儀式は一切行われず、小室さんは帰国中に天皇陛下や上皇さまに挨拶される予定もないといいます。会見で小室さんにまつわる疑問がすべて解消される可能性も低いことが予想されます」(皇室ジャーナリスト)



かつてない緊張感のなかで行われる眞子さまと小室さんの結婚会見。そのいっぽう、お二人とは対照的な幸せムードのなか行われた芸能人カップルの会見も本誌は数々目撃してきた。



当時の貴重な様子とともに、改めてその様子を振り返りたいーー。




■1980年3月 百恵さん×三浦友和



今年1月にNHKで再放送された武道館でのラストコンサートが高視聴率を獲得するなど、令和でも高い人気を誇る百恵さん(62)。彼女が“山口百恵”として活動を始めたのは73年。それからまたたく間にスターダムを駆け上がり、一躍トップスターとなる。しかし79年10月に三浦友和(69)と恋人宣言を行い、翌年3月には婚約会見を行い、11月に結婚することを発表したのだ。



会見で百恵さんは衝撃の一言を発する。「お仕事は全面的に引退させていただきます」と芸能界から身を引くことを明らかにしたのだ。集まった記者もまさかの展開に思わず戸惑うばかりだったが、百恵さんは引退理由について誠実にこう語った。



「とってもエゴかもしれないんですけど、結婚するからにはすべて完璧とはいかなくても、それに近い状態でやっていきたいんですね。それで私に仕事があるからといって、いろんなことを(友和に)我慢してもらうことになるのはとっても嫌だったんです」



引退後、一切表舞台に姿を見せていない百恵さん。そのあり方は多くの女性の理想であり続け、今も影響を与え続けているのだ。





■1993年11月 ヒロミ×松本伊代



一時期は芸能界を離れるも劇的な復活を遂げ、今や数々の人気番組でMCを務めるヒロミ(56)。そんなヒロミにとって最愛の女性が“ママ”の愛称で呼ぶ妻・松本伊代(56)だ。



ヒロミのYouTubeチャンネルに2人で出演するなど、芸能界を代表するおしどり夫婦の2人だが、その結婚生活の始まりは波乱に富んだものだった。



93年10月に結婚を示唆した2人が、ハワイで挙式したのは11月中旬。しかしこの挙式、互いの両親にも知らせていない超極秘挙式だったのだ。式を挙げたことはすぐさま広まり、ヒロミと伊代は帰国翌日の11月16日に急遽、会見を開くことに。



しかし、会見は終始ピリピリムード。その当時の様子をヒロミはかつてMCを務める『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)のなかでこう振り返っていた。



「祝福されてなかったんだよね。急に結婚式挙げて、『報告しなかったじゃないか』みたいな。『何で黙って結婚式挙げてんだよ小僧、この野郎』みたいな感じがあったの」(17年4月11日放送回)




■1995年12月 唐沢寿明×山口智子



今も毎日手を繋いで寝るなど、ラブラブな唐沢寿明(58)と山口智子(56)。昨年、本誌も山口の誕生日に腕を組みながら高級寿司店でデートする2人の姿を目撃している。



そんな2人が結婚したのは、95年12月のこと。1988年の朝ドラでの共演をきっかけに交際をスタートし、7年越しのゴールインとなった2人。ユーモラスであっけらかんとした性格の唐沢だが、入籍2日後に行われた結婚会見でも変わらなかった。



取材陣の質問にもNGなく答え続け、ショックを受けてる山口のファンについて問われると「たまに貸し出しますよ」と返答するなど、終始“唐沢節”に溢れた会見だった。いっぽうの山口も「世界で一番幸せです」と素直な気持ちを語っており、絆の揺るぎなさを見せつけていた。





■2019年6月 蒼井優×山里亮太



時代が進むことに徐々に減っていった結婚会見。そんななか、久々の会見で話題を呼んだのが蒼井優(36)と南海キャンディーズ・山里亮太(44)の会見だ。交際を一切報じられることなく、19年6月3日に電撃結婚した2人。超人気者同士の結婚ともあって、その2日後に行われた結婚会見には数え切れないほどの報道陣が集った。



「こんなにすてきな人はもう出てこないので」(山里)、「一緒にいて、しんどいくらい笑わせてくれる」(蒼井)と語り合い、山里の相方で蒼井の親友でもある山崎静代(42)も登場するなど、終始和やかなまま進んだ会見。しかし、ある質問で会場に緊張感が走る。女性レポーターが蒼井の過去の交際報道を踏まえて、「蒼井優さんは芸能界一のモテ女優とずっと言われていて。芸能界の男性でもものすごくファンの方が多いと伺っているんですけど。その女優さんを独り占めしちゃったわけですよね?」と質問したのだ。



しかし、その質問に対して山里は男気を見せる。怒りを見せることなく、冷静にこう断言したのだ。



「みなさんの目の前にいる蒼井さんと違う蒼井さんを僕は見せていただいると思うんで。本当に純粋で、楽しいときには笑って、美味しいもの食べてるときには本当ころころ笑って、泣きたいときはすごい泣くっていう。魔性って単語を使っているけど、僕はそんな人間じゃないっていうのを一緒にいてずっと見ていたんで。みなさんが思う魔性から発生する心配は一切ございません」



難しい質問をうまく切り返すことで、好感度を上げた山里。果たして小室さんは会見で、どのような“返し”を見せるのだろうかーー。

動画・画像が表示されない場合はこちら


このニュースに関するつぶやき

  • いくら芸能人だって皇族詐欺師なんて底辺と比べられてもな…。そんなもん「いくら日本の貧困層でも北朝鮮よりマシ」とか言ってんのと変わんないじゃん(´Д`)ハァ…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 皇室と芸能人を比較されてもねと思ったが眞子様の品位だと芸能人と同じ扱いで宜しいのでは?と思 ってしまうw
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定