乳がんや子宮がんなどの重大な病気ほど初期症状がない! 女性こそ「検診」を受けてほしい

2

2021年09月25日 09:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※写真はイメージです
※写真はイメージです
 子宮内膜症、子宮筋腫、乳がん、子宮体がんなど、婦人科系の病気が増えている今、定期的に「検診」を受けるなどし、自分の体の状態を「知る」ことが重要になっています。自分の体を知ることは、人生を前向きに考えるための第一歩。今回は女性が自身の健康を守る方法について、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長の対馬ルリ子先生にお聞きしました。前編に続き、後編をお届けします。(セルフドクターWebより転載)


*  *  *


検診を受けることは、将来の自分への健康投資


 企業に勤めていれば毎年健康診断を受けますし、あるいは各自治体が行っている健診を受けている人も多いと思います。けれども、女性の場合は特に、このような「集団健診」の検査項目だけでは十分とはいえません。例えば集団健診で受けられる「子宮がん検診」は、子宮頸がんのみの検査で、40代以降にリスクが高くなる子宮体がんや卵巣がんを調べることはできません。毎年の集団健診を受けていれば安心とはいかないのです。


 そこで活用してほしいのが、病院やクリニックで行っている「個別検診」です。「健診(健康診断)」は健康かどうかを調べ、病気の危険因子の有無を調べるのに対し、「検診」は特定の病気を早期に発見し、早期に治療するのが目的。女性であれば子宮や卵巣、甲状腺や膠原病の検査、ホルモン値の測定など、年齢やライフスタイルに応じて、その人が検査しておくべき項目をチョイスできます。


検診を受けることはポジティブな行動


 欧米の女性は20歳前後から、定期的に検診を受けることが習慣化されており、米国女性の検診受診率は約8割。それに比べ、日本の女性の検診受診率は2〜3割だといいます。


「検診は今だけでなく、将来の自分への健康投資」と対馬先生。どんな病気のリスクがあるのか、体が今どんな状態なのかを客観的なデータで知っておけば、自分なりの備えができ、何かあった時に対処に戸惑うこともないでしょう。検診というと、悪いところを発見するというネガティブなイメージをもつ人もいるかもしれませんが、検診を受けること自体はポジティブな行動。「人間の体は精密機械のようなもの。これからの人生でやりたいことを実現していくためにも、体をこまめにメンテナンスすることが大事」と先生は言います。


本当に重大な病気は初期症状がない


 どこか不調があるのならともかく、健康には自信があるし、何の症状もないのに検診を受けるなんて考えられないという人もいるのでは? ところが、「女性が大きなダメージを受ける、乳がんや子宮頸がん、卵巣がんなどの重大な病気ほど、初期症状は全くありません」と対馬先生。だからこそ、症状がなくても検診を受けるべきなのです。



 さらに、検診は定期的に受けることも重要です。一度検診を受け、乳がんの心配はないという結果が出たら安心して、しばらくは受けなくていいと思っていませんか? 大事なのは検診を習慣化すること。ホルモンの影響を大きく受ける女性の体は刻々と変わります。35 歳以上の人は年に1回は検診を受け、体の状態をチェックするようにしましょう。


検診を受ける医療機関の選び方は?


 すでにかかりつけ医がいる人は、そこで検診を受けられるかを確認してみましょう。かかりつけ医がいない人は、口コミやネットで探し、検診を機にかかりつけ医になってもらうのも一案です。そういう意味では、話しやすいドクターかどうかも大事です。「検査費用にそれほど差はないでしょう。美容院を選ぶように気軽な感覚で、自分に合ったところを見つけてみてください」と対馬先生。


検診の費用はどれぐらいかかるのか?


 病気を予防するための検診は、健康な人に異常がないかを調べる性質上、健康保険は適用されません。つまり個別検診は基本的に自費診療(※)となります。検診項目や医療機関によって料金は多少変わりますが、仮に対馬先生のクリニックで基本的な検診メニューを全て受けた場合は69,000円。決して安くはありませんが、対馬先生いわく「それだけ自分には価値があると思って欲しい」。人生がかかっているともいえる検診。バッグや洋服などに費やしていたお金を、健康のための投資に回してみませんか?


※自覚症状や病気のための個別検査の場合は、保険が適用される場合もある。


【前編はこちら】子宮内膜症、子宮筋腫…婦人科系疾患が増えている原因は現代女性のライフスタイルにあり?


監修/対馬ルリ子先生(つしま・るりこ)
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座·新宿理事長。産婦人科医·医学博士。弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、東京都立墨東病院総合周産期センター産婦人科医長などを経て現職。女性のための総合医療を実現するために、情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。日本女性財団代表理事。


対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿HP
日本女性財団HP



【おすすめ記事】【前編はこちら】子宮内膜症、子宮筋腫…婦人科系疾患が増えている原因は現代女性のライフスタイルにあり?


このニュースに関するつぶやき

  • 検診は必要だ。運動も必要だ。しかし、基本は食だと思っている。個人的には桜沢如一の身土不二が指針。口はゴミ箱じゃないから、なんでも入れるな。食の見直しを!!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ■日本の少子化は「人災」だった〜GHQ、禁断の「産児制限」〜産経新聞(2016.2.20) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977923395&owner_id=67611045
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定