キャサリン妃のテニスの腕前を絶賛 ダブルスを楽しんだ18歳全米オープン新女王「フォアハンドが素晴らしい」

0

2021年09月25日 12:41  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真18歳のエマ・ラドゥカヌ選手とダブルスを組むキャサリン妃(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月24日付Instagram「In the presence of champions」』のスクリーンショット)
18歳のエマ・ラドゥカヌ選手とダブルスを組むキャサリン妃(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月24日付Instagram「In the presence of champions」』のスクリーンショット)
キャサリン妃(39)がロンドンのナショナル・テニスセンターを訪問し、全米オープンの新女王エマ・ラドゥカヌ選手(18)とダブルスを組んだ。エマは妃のテニスの腕前について「フォアハンドが素晴らしい!」と称賛している。

【この記事の他の写真を見る】

現地時間24日にナショナル・テニスセンターを訪問したキャサリン妃が、英プロテニスのエマ・ラドゥカヌ選手と対面した。

エマは今年7月、ウィンブルドン選手権女子シングルスでグランドスラム(四大大会)デビューを果たし4回戦に進出。今月に行われた全米オープンの女子シングルス決勝戦では、カナダのレイラ・フェルナンデス選手(19)を下しグランドスラムで優勝した。これによりエマは、44年ぶりにグランドスラムタイトルを獲得したイギリス人女性選手となった。

ルーマニア人の父と中国人の母を持つエマは、わずか18歳の若さで一躍センセーションを巻き起こした。9月には英版『VOGUE』が彼女へのインタビューと写真を掲載、ニューヨークで開催した「METガラ」では「シャネル」の2022年リゾート・コレクションの衣装を着てレッドカーペットに登場した。

この日、センターを訪れたキャサリン妃は、エマと同席した全米オープンの男子ダブルス優勝者ジョー・ソールズベリー選手、東京パラリンピックの車いすテニス男子ダブルスで優勝したアルフィー・ヒューイット選手とゴードン・リード選手から歓迎を受けた。

スター選手らと対面した妃は「みなさんのご活躍は、本当に素晴らしかった。おめでとうございます。もの凄く感激しました。あなた方が故郷であるこの場所に戻って来られて、お祝いをすることができて本当に嬉しいです」と祝福した。


その後選手らはテニスコートに向かい、エマとダブルスを組んだキャサリン妃がテニスの腕前を披露した。エマは記者に対し「妃のフォアハンドは素晴らしいです」とその技術を称賛していた。

キャサリン妃がパトロンを務める「ローンテニス・アソシエーション(LTA)」は同日、英国のスター選手達の帰国記念イベント『ホームカミング』を開催し、彼らのグランドスラムでの活躍を祝福した。

LTAの「ユースプロブラム」が主催する同式典では、エマを含む4人のスター選手やプログラムに参加する子供達がキャサリン妃と一緒にテニスコートに立った。

同プロブラムは4歳から18歳までの次世代のプレイヤーに刺激を与え、年齢や性別、能力、障がい、経歴などに関わらず多くの子供たちがテニスを楽しみながら続けることを目的としている。


熱心なテニスファンで知られるキャサリン妃は、今月ニューヨークで開催された全米オープンでのエマの歴史的快挙を祝福し、ケンブリッジ公爵夫妻の公式SNSで「おめでとうございます。あなたを誇りに思う」とメッセージを公開していた。投稿にはキャサリン(Catherine)の頭文字「C」が署名されたことから、妃が個人的に送ったものとみられている。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月24日付Instagram「In the presence of champions」、2021年9月11日付Instagram「Huge congratulations」』『Lizzie Robinson 2021年9月24日付Twitter「The Duchess of Cambridge meets US Open Champions Emma Raducanu, Joe Salisbury, Alfie Hewitt and Gordon Reid at @the_lta homecoming event」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)
    ニュース設定