諦めるのはまだ早い!「脈なし」に見えて実は「脈あり」。男性からの意外な“アピール6選”

0

2021年09月25日 14:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
女性から見たら「脈なし」と捉えてしまう行動、言動のなかにも、実は男性からすると駆け引きやアピールであるケースも少なくありません。

【好きな人】こんなことを言われたら「脈なし」の可能性大! 知っておきたい6つの言葉

とくに近年は、男性の草食化も進んでおり、アピール方法が遠まわし、または複雑化している傾向にあるようです。

そこで今回は、女性から見ると脈なしのように感じるものの、実は男性からするとアピール、駆け引きの一種であるような行動、言動について紹介していきます。

■脈なしに見えて実はアピール?駆け引きの一種である男性の言動

■1.「仕事が忙しい」は“できる男性に見られたい”アピール!?

現在婚活中のAさん(32歳/金融関係)は、決して仕事が忙しい訳ではないときでも、あえて「仕事が忙しい」と女性に伝えることがあるそうです。

その理由は、コロナ渦という状況もあってか、最近婚活で出会った女性のなかには「仕事ができる人がいい」「安定した仕事についている人がいい」などの希望を話してくる人が多いらしく、あまり仕事が忙しくないという話は控えた方がいいと感じたそうです。

実際のところ、Aさんの職場はリモートワークも増え、連絡も普通にとれるのですが、女性に仕事がたくさんあるようアピールしたいために、駆け引きの1つとして「最近は仕事が忙しくてなかなか連絡取れないけど、コロナが落ち着いたら会おう」と伝えているのだとか。

恋愛コラムやマニュアルでは、「仕事が忙しい」という話は男性の断り文句と言われていましたが、時と場合によってはアピールの可能性もあるので、少し様子を見てみるといいでしょう。

■2.他の女性の存在を匂わせることで“女性の気をさらに惹きたい”

現在はカップル成立中のBさん(34歳/医療関係)は、好意を抱いている女性にはあえて「他の女性から声をかけられている」「ご飯に誘われた」などの話を振っていたそうです。

一見逆効果と捉えられそうな話ですが、その話をすると女性は「他の女性にも声をかけられているなら、モテる男性なのかも」と思って、自分のために尽くしてくれるようになるのだとか。

他の女性の話題を振ってくる男性に対して「私ではなく、別の女性に好意を抱いているのかも」と思い、諦めてしまう女性は多いですが、もしかしたらヤキモチを焼かせようとあえて話しているだけなのかもしれないので、その男性が気になっているのならしばらく様子を見た方がよさそうです。

■3.LINEの返信が遅いのは“がっついていると思われたくない”から?

恋活中のCさん(24歳/アパレル関係)は、好きな女性からがっついていると思われたくないために、あえて少し時間をおいてからLINEの返信をしているのだとか。

即レスばかりだとつい油断してしまいますが、LINEの返信が遅いと「好かれていないのかも?」と気になってしまうものです。ただ、あまりに頻繁に連絡が遅いと、せっかちな女性や早く恋人がほしいと考えている女性は次に行ってしまう可能性もあります。あくまで相手をよく見て動くのが大切です。

■4.メール文章が短すぎるのは“短いラリーでやり取りをしたい”からかも?

彼女募集中のDさん(25歳/金融関係)は、短いラリーでやり取りできるようにと、あえて好きな人ほどメールの文章を短くしているのだとか。メールの文章が短いと「気がないのかも?」と思ってしまう女性は多いですが、すぐに返信が来るならば、もしかしたらDさんのようにやり取りを増やしたいのかもしれません。

■5.自分からメールしてこないのは“本気だから”という意見も

彼女持ちのEさん(32歳/営業)は、今の彼女と出会う前はいろいろな女性に積極的に連絡を取っていたそうです。ですが、いざ本命の女性を目の前にすると「嫌われたくない」という思いが強くなり、自分から連絡できなくなったそうです。

彼女と交際に至ったのは、その本命の女性からガンガン連絡が来たからだとか。Eさんが彼女に積極的になれなかったのは、彼女が美容関係の経営者で、時間によっては連絡すると邪魔になるかもという遠慮もあったそうです。

彼から連絡が来ないと「気がない」「脈なし」と感じる女性は多いですが、もしかしたら遠慮しているだけかもしれません。気になる相手なら、たとえ連絡が来なくてもアクションを取ってみるといいでしょう。

■6.誘っても断られるのは“今はそのタイミングじゃないだけ”かも?

Fさん(33歳/自営業)は、今の彼女と最初に出会った頃は、彼女から遊びの誘いを受けてもあえて断っていたのだとか。その理由は、今経営しているお店が軌道に乗るまでは彼女を作っている場合ではないと決めていたからだそう。

ただ、その女性のことは本命と考えていたので、自分から挨拶したり、現在の仕事状況を報告するメールなどを頻繁に送っていたそうです。誘いを断られると「気がない」と捉える女性は少なくありませんが、男性によっては落ち着いて交際できるまでタイミングを待つ人もいるので、その人のことが本当に好きなら様子を少し見ておくといいでしょう。

■本当に「脈なし」の場合も…勘違いしてしまうケースとは?

■■3回に1回しか返信がないなど、対等の関係が築けない時

連絡が遅い場合でも、相手によっては駆け引きだったりするケースも。ですが、「連絡しても、3回に1回しか返事が来ない」など、対等な関係が築けていない場合は脈なしの可能性が高いので注意しましょう。男性が本当にその女性に気があるのならば、たとえ遅くても1通につき1通の返信を送ることでしょう。

■■言葉が荒っぽくぶっきらぼうな場合は相手に気がない可能性も

そっけない態度が「駆け引き」となる可能性について上記で紹介しましたが、言葉が荒っぽい、ぶっきらぼう、またはすべてのメールの文章がひらがなばかりなど、敬意がみられない場合は女性を本命視していない、または脈なしの可能性が高いです。

万が一上手くいったとしても、このような男性は女性に敬意を持っていない可能性が高いため、ぞんざいな扱いをされるなんてケースも。この場合は、この男性から離れて他の男性を探した方が良さそうです。



男性のそっけない態度のなかには、駆け引きが含まれている可能性もあります。でも、乱暴な発言、返信が3〜4通に1回しかないなど、対等なやり取りができないなら「脈なし」の可能性が高いので、次の恋を探すのが得策です。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定