下半身ぽっちゃりカバーは素材選びがキモ! 引き続き人気の「ワイドパンツ」を40代が素敵に着こなす技

0

2021年09月25日 20:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真すっかり定番アイテムになった「ワイドパンツ」。コロナ禍でおうち時間が必然的に増えた今、着心地の良さから再び注目が集まっています。ここでは、ワイドパンツのおしゃれな着こなしをご紹介します。
すっかり定番アイテムになった「ワイドパンツ」。コロナ禍でおうち時間が必然的に増えた今、着心地の良さから再び注目が集まっています。ここでは、ワイドパンツのおしゃれな着こなしをご紹介します。

おうち時間にぴったりな「ワイドパンツ」

今やすっかり定番アイテムになった「ワイドパンツ」。コロナ禍で、おうち時間が必然的に増えた今、着心地の良いワイドパンツに注目が集まっています。スカートだと気を使いますが、その点ワイドパンツならそんな心配がなくてリラックスできますよね。

普段スカート派の方も、ワイドパンツはそのシルエットからスカート見えするので、違和感なくトライできますよ。

ワイドパンツは、どんなコーデにも取り入れやすく一年中着回せる上、こなれ感を運んできてくれるので、簡単におしゃれ見えが叶うのも、嬉しいポイントです。おしゃれに着こなすコツとして、トップスにコンパクトなシルエットのものを投入すると、バランス良く決まります。

また、ワイドパンツは40代の大人女性に多いお悩みの一つである、お尻や太ももといった下半身の体型カバーをしたいときに頼れる存在です。お尻や太ももあたりの肉感を目立たなくしてくれるので、ぜひコーデに投入したいアイテムなんです。

ここでは、そんなワイドパンツを使ったおしゃれコーデを4点ご紹介! 早速、みていきましょう。

1. 白ブラウスできちんと感をプラス

出典:WEAR

こちらは白ブラウスにブラックカラーのワイドパンツを合わせた、きちんと感のあるコーデ。Vネック状に首元が開いているブラウスを選べば、今っぽい抜け感がプラスされます。7分袖で手首が見えるものなら、女性らしい華奢な印象を醸し出してくれます。

収縮色であるブラックカラーのワイドパンツを投入すれば、視覚的に着痩せして見えるので、体型が気になる大人女性におすすめです。シューズもワイドパンツ同様にブラックを選ぶことで、脚のラインにつながりができて、脚長効果が発揮されます。

2. とろみ素材のワイドパンツでこなれ感を

出典:WEAR

ワイドパンツの中でも、下半身ぽっちゃりさんにおすすめなのが、とろんした落ち感のある素材のもの。脚のラインを拾わず、生地の落ち感でドレープが生まれて、エレガントなニュアンスもプラスしてくれます。

画像のように、落ち感のあるワイドパンツなら、体型カバーを叶えつつスタイリッシュに決まります。リラックス感のあるはき心地で、リモートワークにも重宝しますよ。

ニットの裾をパンツにINすると、コンパクトなシルエットが生まれ、バランス良く決まります。オーバーサイズのルーズニットを合わせると、だらしない印象になってしまうので、大人女性は注意して。

3. 秋らしいアースカラーのワイドパンツで季節感たっぷりに

出典:WEAR

秋の深まりとともに、気になるのが「アースカラー」です。アースカラーとは、地球の大地や植物、海などの自然物をイメージした色のこと。

ベージュ、ブラウン、テラコッタ、カーキ、モスグリーン、ブルーといった茶色や緑、青系の色を指します。シックで控えめなアースカラーは、落ち着いた印象なので、大人女性にぴったりなんです。

こちらは、ブラウンカラーのワイドパンツを主役にしたコーデ。たっぷりタックを施しながらもすっきりと見える腰まわりのデザインと、程よいハリ感のある素材を活かした美しく広がるフレアシルエットが魅力的で、一見スカート見えするワイドパンツです。

そこに、身幅にゆとりをもたせ、体が泳ぐ絶妙なユルさが女性らしいVネックニットを合わせて、エレガントに。シンプルなデザインなので、ロングスカートやテーパードパンツ、デニムパンツなど、どんなアイテムとも合わせやすく、着回し力が抜群です。

4. デニムワイドパンツで大人カジュアルスタイルを完成させて

出典:WEAR

おうち時間が増えたことに伴って、日々カジュアルコーデに身を包む方が多くなっています。中でも、定番の「デニムパンツ」は、大人女性から高い支持を得ているアイテム。

そこで脚の太さが気になる方におすすめなのが「ワイドシルエットのデニムパンツ」です。体型カバーはもちろんのこと、着るだけでおしゃれなスタイリングに仕上がるので、活用しない手はありません。

スキニーデニムだと、ムチムチ具合が気になったり、ウエスト部分に乗るお肉が気になったりしますが、ワイドパンツを選べば、そんな悩みを一気に解消してくれますよ。

こちらは、インディゴ染めのワイドデニムパンツを投入したコーデ。インディゴ染めのデニムは、はき込めばはき込むほど色褪せて表情が移り変わっていくエイジング(経年変化)を楽しめるアイテム。

そこに、ブラックカラーのコットンシャツを合わせることで、大人っぽい印象に。シャツの裾をデニムパンツにINすることで、腰まわりのすっきり見えが叶います。髪をひとつにまとめることでもいいバランスに。

以上、ワイドパンツを使ったおしゃれコーデを4点ご紹介しました。ぜひ、この秋もワイドパンツコーデを楽しんでくださいね!
(文:遠藤 友香(レディースファッションガイド))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定