ジャパンCを制したショウナンパンドラ。その娘パンドレアに陣営も期待大

0

2021年09月26日 07:01  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第18回:パンドレア

 現役時代にGIを制した牝馬の子となれば、それだけで注目度は増す。今年の2歳馬の中にも、そうした素性で多くのファンが関心を寄せる1頭がいる。

 栗東トレセンの斉藤崇史厩舎に所属するパンドレア(牝2歳/父ロードカナロア)だ。




 同馬の母は、現役時にGI2勝を挙げたショウナンパンドラである。3歳春の牝馬クラシックには出走できなかったものの、夏越えて素質が開花。まずは、牝馬三冠レースの最終戦となる秋華賞(京都・芝2000m)でGI制覇を果たした。オークス馬ヌーヴォレコルトをクビ差抑えての堂々たる勝利だった。

 その後はハイレベルな重賞戦線において、なかなか勝ち星を挙げることはできなかったが、4歳春のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)で3着と奮闘。秋初戦のGIIオールカマー(中山・芝2200m)では、実力馬たちを封じて快勝した。

 そして、続くGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)で強豪牡馬を相手に4着と健闘すると、直後のGIジャパンC(東京・芝2400m)で見事に戴冠。自慢の末脚を炸裂させ、日本を代表する一線級の馬たちを蹴散らした。10着ゴールドシップまでコンマ4秒差という大接戦を制し、ふたつ目のGIタイトルを手にした。

 そんなショウナンパンドラが繁殖牝馬となって、2019年に産んだのがパンドレア。GI馬の娘は厩舎スタッフから、どういった評価を受けているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「パンドレアは先日、無事にゲート試験に合格。現在は放牧に出されています。まだ肉体的にも幼い面があるので、すぐにデビューとはいかなかったようです。スタッフによれば、『これから体力をつける段階』とのことで、この放牧で『成長してくれるのでは』と期待していました」

 デビューまでにはもう少し時間が必要なようだが、陣営としてはきちんと態勢を整えてから初陣を迎えたい、ということなのだろう。それだけ、同馬に対する期待は大きい、ということでもある。先述のトラックマンが続ける。

「パンドレアは確かに『まだこれから』という印象の体つきでしたが、母のショウナンパンドラもデビューは12月と遅いものでした。それを考えれば、焦らずじっくりと成長を待ったほうがいい結果につながるのではないでしょうか。そういう意味では、多少デビューが遅れても悲観することはないと思います」

 母ショウナンパンドラと同様、大舞台での活躍が期待されるパンドレア。万全な状態で迎えることになるであろう初陣の日を楽しみに待ちたい。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定