のどごし爽快で料理にも合う Amazonで買える「スパークリング日本酒」3選

0

2021年09月26日 07:40  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

炭酸を含む日本酒で「発泡日本酒」と呼ばれることもあるスパークリング日本酒。飲みやすさで人気を集め、新しい日本酒のスタイルとして注目を浴びている商品だ。

■スパークリング日本酒とは

スパークリング日本酒とは、その名の通り炭酸ガスを含んだ発泡性のある日本酒のこと。低アルコールで甘口タイプの商品が多く、シュワシュワとした口当たりで飲みやすいため、お酒が苦手な人や女性にも人気だ。

そこで低アルコールで飲みやすい、Amazonでいますぐ買えるスパークリング日本酒の中からおすすめの3種類を紹介しよう。

(1)八鹿 スパークリング Niji(大分)

(画像出典:Amazon)創業から150年を超える大分の老舗酒蔵・八鹿酒造で作られた「八鹿 スパークリング Niji」。世界最大規模の市販日本酒品評会「SAKE COMPETITION 2019」で金賞を受賞しているスパークリング日本酒だ。

数量限定生産で、アルコール度数は8度。シャンパンの製法と同じ「瓶内二次発酵」がきめ細かで力強い泡立ちを生み出す。

八鹿 スパークリング Niji 720ml【Amazonでチェック】

(2)南部美人 あわさけ スパークリング (岩手)

(画像出典:Amazon)「南部美人 あわさけ スパークリング」は、しゅわしゅわとした爽やかさと、後味にしっかりとした米の旨みを感じるスパークリング日本酒だ。

アルコール度数は14度。シャンパンの手法を取り入れながらも、シャンパンの製造過程で行われるドサージュ(補糖)を行っていないのが特徴。それゆえ、甘さを抑えたドライな味わいに仕上がっている。

南部美人 あわさけ スパークリング 360ml【Amazonでチェック】

(3)一ノ蔵 スパークリング純米酒 (宮城)

(画像出典:Amazon)精米歩合55%の特別純米酒をベースに作られた一ノ蔵の「スパークリング純米酒」。伝統的な醸造法である三段仕込みで醸造された、日本酒らしい旨みを味わえるスパークリング日本酒だ。

アルコール度数は14度。仕込みに白麹を使用することで、クエン酸の爽やかな酸味とキレの良さ、フルーティーな香りが特徴的。食前酒としてオールシーズン楽しめる。

一ノ蔵 スパークリング純米酒 720ml【Amazonでチェック】

日本酒の旨みを感じながらも飲みやすさに定評があるスパークリング日本酒。目でも舌でも楽しめる新しい日本酒は、初めて日本酒の扉を開くのにもってこいかも。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定