上白石萌歌、しっかりイメージに恐縮「そんなできた人間じゃないです(笑)」

3

2021年09月26日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『バンクオーバー!〜史上最弱の強盗〜』(C)日本テレビ
『バンクオーバー!〜史上最弱の強盗〜』(C)日本テレビ
 俳優の間宮祥太朗が主演する日本テレビ系スペシャルドラマ『バンクオーバー!〜史上最弱の強盗〜』(後10:30)が、19日から2週連続で放送され、26日は後編となる。

【写真】「今と全然違う!」間宮祥太朗、胸割りタトゥー&金パツ姿披露

 間宮演じる“史上最弱”の銀行強盗・佐助が銀行に押し入ると、そこにはすでにもう一組の銀行強盗が…というありえない状況で描かれるサスペンスコメディー。解禁された場面写真では、銃を手に驚く佐助や人質となった弁護士のさくら(上白石萌歌)や、SM嬢(ファーストサマーウイカ)を人質にとり、突じょ窓口に現れた、髪ボサボサ・髭ボーボーの謎の男(細田佳央太)の姿が。

 強盗・人質・警部など、たまたま現場に居合わせた登場人物全員が「ウラ事情」を抱えている今作。「ウラ事情」が徐々に明かされるにつれて、物語はとんでもない方向に転がっていく。個性豊かなキャラクター達の本当の姿とは。衝撃の大どんでん返しが待ち受ける。

 弁護士のさくらを演じる上白石が、このほど取材に応じた。

――キャラクターについて

ネタバレしてしまうと物語的に支障が出てしまうので、話せることは限られているのですが、私のキャラクターは弁護士で、すごく正義感と責任感が強くて、何かをやり遂げようと思ったら、それを貫ける、とても強い子だと思います。でも、隠された秘密もあり、完璧だけじゃない一面もわかってくるので、そういったところを見ていただけたらうれしいです。

――間宮祥太朗との2度目の共演について

2年前くらいにドラマで、きょうだい役を演じさせていただいて、それからこういう風に再会できたので、クランクインしてからもすごく安心できる気持ちがありました。現場にひとりでも以前共演した方がいると、心がほぐれますね。今回は強盗犯と弁護士という不思議な関係でめぐりあうことができて、合間に話すこともすごく楽しみです。姉がドラマでお世話になったので、そのお話とか、関係性が前に共演した時とまったくちがうので、そういったお話もさせていただいてます。

――作品のテーマにもなっている、外見と中身のギャップについて

私自身も世間の方から抱かれているイメージと自分が違っているなと感じたこともあったりしたので、人って見ただけの情報じゃないんだなという認識があったので、すごく興味深いテーマだなと思いましたし、キャストの方々がバラエティー豊かで、現場もカオスな状況が続いているので、軽快な作品なのですが、すごく大きなテーマを提示できるのではないかなと。

――撮影現場がカオス?

みなさん、役作り、ぱっと見た感じ、SM嬢のウイカさんがいらっしゃったり、細田佳央太くん何度も共演しているのですが、「誰?」みたいな格好でいたり(笑)。ぱっと見た感じ、交わらないであろう人たちがひとつの場所に集まっていて。3日目くらいなのですが、現場の空気も毎日違って、いい意味で交わらない感じがいいなと。

――大どんでん返しについて

情報量が多すぎるのと、台本をめくるたび、想像もしてなかったようなことがずっと起きるので、ニヤニヤしちゃいましたし、えって声が出てしまったこともありました。それが映像として立体的になったら、もっともっと面白くなると感じています。

――自分のイメージとのギャップについて

しっかりしたイメージを持っていただけることが多いのですが、まったくそんなことなくて、次女気質というのもあるのか、片付けが苦手だったり、ズボラなところもあるので、ありがたい反面、そんなできた人間じゃないです(笑)。

このニュースに関するつぶやき

  • やっぱりショートボブ?が似合うなぁこの子は…。ロングはなんか違う。中学時代(モモちゃん時代)のボブも可愛かった。あのCM大好きなんだなぁ(´・  ω   ・`)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定