燕・山崎、送れず…若松氏「上から叩くようなバントでは…」

1

2021年09月26日 08:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・山崎晃大朗
ヤクルト・山崎晃大朗
ヤクルト 0 − 0 中日
<20回戦・神宮> 

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−中日戦』で解説を務めた若松勉氏が、ヤクルト・山崎晃大朗がバント失敗した場面について言及した。

 山崎は0−0の8回無死一塁の場面で、清水昇の代打で登場。山崎はバントを試みるも、中日の先発・ロドリゲスが投じる初球のツーシームをファウルにすると、2球目は変化球を空振り、最後は低めのスライダーを空振りしスリーバント失敗に終わった。

 若松氏は「追い込まれてなんとかと思ったんでしょうし、ワンバウンドになるようなスライダーかフォークですけど、上から叩くようなバントでは空振りになりますよね。しっかりと正対して、ボールに対して水平にバットを持っていかないとね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • ヤクルトは余計な連中は使ったらあかんで。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定