若松氏、首位・ヤクルトの投手陣は「みんな頑張っている」

3

2021年09月26日 09:14  ベースボールキング

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真首位のヤクルト (C) Kyodo News
首位のヤクルト (C) Kyodo News
 首位を走るヤクルトの投手陣が、後半戦に入ってから非常に安定している。

 8月のチーム防御率が2.88、9月もここまでチーム防御率2.46だ。先発陣はエース・小川泰弘をはじめ、奥川恭伸、高橋奎二、サイスニード、石川雅規、原樹理、スアレスと安定しており、リリーフ陣も7回・今野龍太、8回・清水昇、9回・マクガフの“勝利の方程式”が固定され、そのほかにも大西広樹、大下佑馬、星知弥、先発からリリーフに配置転換となっている田口麗斗がいる。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−中日戦』で解説を務めた若松勉氏は、ヤクルトの投手陣に「2年連続最下位で今年はなんとか上位を狙っていこうという感じでスタートしましたけど、先発がしっかりしていることと、中継ぎ、抑えとみんな頑張っている。ここまで来ているのは、ピッチャーでしょうね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定