台風16号 予報円の西側を進んだ場合 令和元年の台風19号に匹敵する雨量を予測

0

2021年09月26日 15:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真台風16号 予報円の西側を進んだ場合 令和元年の台風19号に匹敵する雨量を予測
台風16号 予報円の西側を進んだ場合 令和元年の台風19号に匹敵する雨量を予測

台風16号は、26日、フィリピンの東で、ほとんど停滞しています。台風16号は、今後北上し、10月1日(金)前後に関東地方に最接近する可能性があります。26日、日本気象協会は、台風16号に伴う今後の大雨の見通し(速報)について分析したレポートを発表しています。



●台風16号 関東地方など本州の太平洋側に影響が出る可能性も


非常に強い台風16号は、9月26日(日)正午現在、フィリピンの東にあって、ほとんど停滞しています。この台風は、今後猛烈な勢力に発達しながら北上する見込みです。10月1日(金)頃には関東地方へ接近するおそれがあります。現時点での台風の進路予想には幅があり、予報円の西側を台風が通過した場合は、関東地方など本州太平洋側への影響が大きくなるおそれがあります。この場合、関東甲信から東北地方にかけて雨量が多くなり、令和元年台風19号に匹敵する雨量となるおそれがあります。


台風の進路によっては、関東甲信地方から東北南部にかけて予想される雨量の値が大きく異なります。一番上の図は、9月25日21時から10月1日21時までに予想される累積雨量の分布図を示しています。図の左側は台風が予報円の中心付近を通過した場合に予想される雨量で、右側は台風が予報円の西側を通過した場合に予想される雨量です。台風が予報円の西側、つまり、関東地方に上陸するようなコースになった場合は、関東甲信地方から東北南部にかけて、200〜800mmの雨となる可能性があります。


●台風16号 予報円の西側を進んだ場合 令和元年の台風19号に匹敵する雨量に


上の図は、令和元年台風19号(東日本台風)での最大24時間雨量の分布図です。令和元年台風19号では、関東地方の箱根山地や秩父山地で500mm以上の雨量となったほか、長野県や東北地方でも200〜300mmの雨量となりました。一番上の図の右側に示した、台風16号が予報円の西側を通過した場合の雨量は、令和元年台風19号に匹敵する雨量となっていることがわかります。令和元年台風19号は、関東甲信地方から東北地方の各地に、河川の氾濫や土砂災害による甚大な被害をもたらしました。今回の台風16号も、通過するコースによっては同程度またはそれ以上の被害を発生させる可能性があります。
今後の台風の予報進路によっては予想される雨量が大きく変化することがあるので、最新の気象情報、台風情報に十分に注意してください。


本情報は2021 年9 月26 日 時点の予測資料から作成したものです。最新の気象情報をご確認ください。
この記事は本間予報士執筆の「(防災レポートVol.16)台風第16号に伴う今後の大雨の見通し(速報) 令和元年台風第19号に匹敵する大雨のおそれ」から作成しています。詳しくはこちらのレポートをご覧ください。


    ニュース設定