【神戸新聞杯結果】ステラヴェローチェが差し切り重賞2勝目!シャフリヤールは4着に敗れる

4

2021年09月26日 15:40  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真不良馬場を苦にしない走りでステラヴェローチェ(左)が優勝!
不良馬場を苦にしない走りでステラヴェローチェ(左)が優勝!
 26日、中京競馬場で行われた神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・芝2200m)は、後方2番手でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の2番人気ステラヴェローチェ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で馬の間から脚を伸ばし、抜け出そうとしていた5番人気レッドジェネシス(牡3、栗東・友道康夫厩舎)も差し切って、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分18秒0(不良)。

 さらに3馬身差の3着に8番人気モンテディオ(牡3、栗東・四位洋文厩舎)が入った。なお、1番人気シャフリヤール(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)はさらに1.1/2馬身差の4着、3番人気キングストンボーイ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は5着に終わった。

 勝ったステラヴェローチェは、父バゴ、母オーマイベイビー、その父ディープインパクトという血統。昨年のサウジアラビアRC以来となる重賞2勝目を飾った。

 3着以内に入ったステラヴェローチェ、レッドジェネシス、モンテディオは、10月24日に阪神競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。

このニュースに関するつぶやき

  • 馬場と距離でシャフリヤールを軽視してステラヴェローチェ◎は正解だった。レッドジェネシスもモンテディオも買った。問題は上位3頭の組み合わせを買ってなかったこと
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • シャフリヤールは、最終直線でキングストンボーイと競った時から、失速したように見えた。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定