<普段は良いパパ>【前編】「子どもを堕ろせ」妊娠中に放たれた旦那からの暴言が許せない

0

2021年09月26日 17:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

配偶者はいわば「いちばん身近にいる他人」。一緒にいて癒されたり助かったりすることもあれば、逆にショックを受けてしまうこともあるでしょう。今回ママスタコミュニティにお悩みを投稿してくれたのは、旦那さんから発された言葉が許せないと語るママさんでした。
『旦那の失言が許せません。1人目を妊娠中に旦那から「仕事を辞めて引っ越して、1年間学校に行きたい」と言われ、それでケンカをしたときに「子どもを堕ろしてくれ」と言われました』
1人目のお子さんを妊娠中にケンカをしたときに、子どもを中絶するように言われてショックを受けてしまった投稿者さん。聞いているこちらまで言葉を失ってしまいそうな内容ですね……。しかし旦那さんからの心ない言葉はこれだけではないようです。

ケンカのたびに心ない言葉を発する旦那さん


『「売り言葉に買い言葉だった。あんなことは二度と言わない」と言われて、そのときは許しました。しかし2人目を妊娠中の今、ケンカをしたときに「2人目ができる前に別れていればよかった」と言われました。「子どもの命に関することは絶対に言ってはならない、二度と言わないと言ったのに許せない」と伝えて、誠心誠意の謝罪を受けました。普段は子煩悩ないい父親です。ただふと思い出しては嫌な気持ちになります。もうすぐ出産ですが、どう気持ちの整理をつけたらいいのか悩んでいます』
一度は旦那さんも反省したものの、2人目を妊娠しているまさに今、また同じように悪意のある言葉を投げかけられてしまったようです。投稿者さんの指摘によって再び反省の意を口にした旦那さんでしたが、投稿者さんはうまく気持ちの整理をつけられずにいる様子ですね。
『旦那はケンカをしたりカッとなったりすると、相手がいちばん大切にしていることを攻撃してくる人です。例えば仕事を熱心にしていると「働く資格がない」とか、育児ノイローゼで泣くと「子どもの情緒に影響が出ないか心配」と言ったり。子どもにも同じような暴言をいつか吐きそうな気がします。それだけは避けたいです』
もともとケンカになるとカッとなって配慮のない言葉を言ってしまうところがある旦那さん。投稿者さんは「いつか子どもにも同じような対応をするのではないか」と話してくれました。

旦那さんの言葉に呆然……

『心が痛い。この手の人には何を言っても響かないよね。言われた側は心の整理なんかつくはずのない発言だよ』
『それが旦那の本音というより、投稿者さんがいちばん言われたくない言葉をわかっていて、単に傷付けるためにあえて言ったって気がするね。本気でそう考えているわけじゃなくて、性格が悪いんだと思う』
『「働く資格がない」「子どもの情緒に影響が出ないか心配」「子どもができる前に別れていればよかった」……大事な人に対して普通はこういうことは言わないよ? この点に関しては旦那さんが普通じゃないのは理解できている? たとえ心で思っていたとしても、口にすれば相手が傷付くのがわかるから言わない。おそらく今後もふとした瞬間にこういう傷付く発言は出るだろうね。そのたびに投稿者さんが傷付くと思う』
あまりにもひどい旦那さんの言葉に「心が痛い……」と絶句するママたちが続出。旦那さんは投稿者さんに言った言葉たちは、大切な人に向けてかけていい内容ではないと考えられたようです。今後もいざこざがあるたびに、投稿者さんは同じように傷つく言葉を言われてしまうかもしれませんね。

そんなこと言われたら……許せない!


『「子どもがいるから別れないだけで、自分は大事に思われていないんだ」って一気に冷めるわ。そんなことを言われたら一生許さない。またどうせ同じことを言われるよ』
『人様の旦那さんですが、ひどすぎる。妊娠する前に別れたかった? はぁ? 旦那さんがどれだけ謝罪しようと、100回生まれ変わっても許せませんけれど? 子どもが大きくなって反抗期で手を付けられなくなったら平気で「あのとき堕ろしておけばよかった」「お前ができる前に別れるはずだった」と言い放つ将来が見えるようです。いくらケンカしても、言っていいことと悪いことの判断も付かないような父親などいらない』
旦那さんの発した言葉に怒りを隠せず、「絶対に許せない」と憤慨するママたち。もしかしたら「自分が同じような言葉を言われたら……」と投稿者さんの身になって考えてくれたのかしれませんね。その結果旦那さんの言葉からは「投稿者さんを思いやるような気持ちが感じられない」と判断されたようです。この意見には投稿者さん自身も同意を示しました。
『私は旦那にとって、自分が子どもと暮らすための都合のいいアイテムだといつも感じます。一度離婚の話が出たときに、「子どもと離れるのは絶対に嫌だし、離婚して次の人とうまくやっていけるかわからないから不安」とは言われたけれど「お前と離れたくない、大切に思っている」なんてひとことも出てこなかった。それを指摘したら泣き崩れて「俺がすべて間違っていた。愛してる」と言われたけれど、信じられない』
投稿者さんの指摘に思わず涙を流した旦那さん。しかしその涙すら信じられないと投稿者さんは語ってくれました。今までの言動を考えたら無理もないことですね。

都合よく使われていると感じる投稿者さん。旦那さんには離婚の意思はないとのことですが、この先別れる可能性は、考えておく方がよさそうです。
後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定