態度の悪い生徒に教師が暴言 停職処分が下るも保護者からは擁護の声が噴出

3

2021年09月26日 19:30  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

ある集会の最中に、態度が悪い生徒たちに男性教師がブチ切れた。怒りをコントロールできなくなった教師が驚くような言葉まで放ってしまったこと、そしてそのせいで厳しい処分を下されたことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えている。

■荒れる生徒のため開かれた集会

イギリスのエセックスにある学校で、15〜16歳の生徒たちの一部がやけに荒れている。具体的に何をしたかについては伏せられているが、その行動や態度について話し合う目的で、先日は緊急集会まで開かれた。

その場にいた教師のひとりは、しばらくのあいだ生徒たちの様子を静観。必死に我慢していたとみられているが、ある瞬間についに堪忍袋の緒が切れてしまったようだ。

■ブチギレした男性教師

男性教師はいきなり血相を変えて怒り始め、問題のある生徒たちに対し「おまえらは卑怯者だ」「この馬鹿どもが!」などと暴言を連発し、怒鳴りつけてしまった。

この発言について知った学校の上層部は、ただちに調査を開始。教師には停職処分を下したことから、経緯も含めすべてが生徒や保護者たちにも伝わった。

■学校側の決断

学校側も経緯については概ね把握しているとみられているが、「調査終了までは停職とします」と公表。学校としては教師の暴言を許容するわけにはいかないとも話し、厳しい態度を貫いた。

生徒たちによる問題行動の内容、また教師がキレた原因など詳細はいっさい明かしておらず、明らかになっているのは教師がキレたことだけだ。ただ停職処分を受けた教師は非常に熱心な教育者で、多くの保護者や生徒たちから信用され慕われていることも分かっている。

■保護者たちの声

ある保護者はSNSを更新し、「保護者と生徒たちの8割以上が、問題を起こした子たちにウンザリしているんです」「それにあの先生は本当に素晴らしいと、みんな言っています」と書き込んだ。

また以前この学校に通っていた元生徒のうちひとりも、やはり「あの先生は本当に素晴らしい」「生徒たちをよくサポートしてくださいました」と書き込んでいる。

教師も人間。常に冷静でいられるわけではないが、“模範”としては許されない言葉を吐いてしまった。そこまで教師を怒らせた生徒たちも、しっかり処分を受け反省すべきかもしれない。

このニュースに関するつぶやき

  • 日頃の信頼関係って…大事。生徒側がわざと煽って教師を陥れよーとする画像が日本でもネットに上がったりしたけれど…人として我慢の限界ってある。真相がきちんと明るみになります様…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • DQNjrのゴネ徳を認めるな!Ko室化するヤッが増えるだろ�फ�á��ܤ���
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定