オリックス・平野がセーブ失敗 中嶋監督「そういうこともある」

4

2021年09月26日 21:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真9回、ピンチを迎えたオリックス・平野佳寿〈写真=北野正樹〉
9回、ピンチを迎えたオリックス・平野佳寿〈写真=北野正樹〉
オリックス 1 − 1 楽天
<22回戦 京セラD大阪>

 オリックスが楽天をホームに迎えたカード3戦目は、最終回に守護神の平野佳寿が1点差を追いつかれ逃げ切り失敗。上位対決の3連戦は1勝1敗1分の痛み分けに終わった。

 先発ローテーションが1枚足りないなか、先発マウンドを託された竹安大知は併殺打を3本記録するなどバックの守りに助けられ、5回途中5安打無失点と粘投。援護したい打線は相手先発・田中将大の前に6回まで散発3安打に抑え込まれていたが、両軍スコアレスの7回一死から5番・T-岡田が右前安打を放ち、田中将がワイルドピッチを重ねて先制。相手のバッテリーミスに乗じて均衡を破った。

 しかし、待望の先制点を挙げたオリックスは“勝利の方程式”で逃げ切りを図ったものの、ヒギンスからバトンを受け取った平野が9回先頭の5番・岡島豪郎に右中間二塁打を打たれると、続く6番・茂木栄五郎に中前適時打を許し、あっさり同点に追いつかれてしまう。

 直後の9回裏の攻撃では、一死一塁の場面で、この日昇格した吉田正尚を「代打」で起用したが、宋家豪の前に左飛に打ち取られ凡退。客席からは復帰を果たした主砲に大きな拍手が送られたが、後続なく最終スコア1−1の引き分けに終わった。

 試合後、中嶋聡監督は「ピッチャー陣、ホントに頑張りました。最後に(平野)佳寿が点を取られましたけど、そういうこともある」と、8回まで無失点リレーを見せた投手陣を称えつつ、同点に追いつかれた守護神を庇った。

 また、代打で復帰した吉田正については「あとは本人のゴーサイン次第」と、今後は状態を見ながらの起用になる方針を示した。

 この日はロッテが西武に勝ったため、首位とのゲーム差は「3」に拡大。チームは28日から千葉に乗り込んで、ロッテと首位攻防3連戦に挑む。


取材・文=どら増田


【動画】“頼れる主砲”吉田正尚が帰ってきた!楽天戦のハイライト

このニュースに関するつぶやき

  • やっぱり24連勝のつけが今年来てるんだよね…ってことは来年は無双再び?w
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • OKɽ���ʴ򤷤����ؤ�OK
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定