片目しか見えない2匹のきょうだい犬、安楽死寸前のところを保護され元気いっぱいに

1

2021年09月27日 06:11  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真安楽死寸前だった2匹の犬と飼い主の女性(画像は『Metro 2021年9月25日付「Rescued Westie twins live best life despite having just two eyes between them」(Picture: Mercury Press)』のスクリーンショット)
安楽死寸前だった2匹の犬と飼い主の女性(画像は『Metro 2021年9月25日付「Rescued Westie twins live best life despite having just two eyes between them」(Picture: Mercury Press)』のスクリーンショット)
生まれつき片方の目が見えなかった2匹のきょうだい犬は今から約2年前、「完璧でない」ことから買い手がつかず安楽死寸前だった。しかし2匹の運命を知った女性が自宅に迎え入れたことで元気に成長し、家族にとってかけがえのない存在になったという。『Metro』が伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

ウェスティという愛称で呼ばれる小型犬ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの“ロキシー(Roxy)”と“トゥールーズ(Toulouse)”のきょうだいは、生まれた時から片方の目が機能していない。母犬が妊娠中に細菌感染症に罹ったためで、安楽死寸前だったところをベルギー出身のファニー・サーニアさん(Fanny Sannier、19)が自宅に迎え入れた。クリスマスには少し早い2019年12月のことだった。

ファニーさんは「2匹の感染症について詳しいことは知らないの。でも2匹が安楽死されるかもしれないと聞いて家族全員が打ちのめされたわ。『片目が見えなくても可愛い犬であることには変わらないのに、どうして安楽死させなければいけないの?』って。それで我が家で引き取ることに決めたのよ」と当時を振り返り、こう続けた。

「目が機能していないことは、手術をするために高いお金を払わなければいけないわ。それで多くの人は『そんな犬にお金を使うのは無駄だ』と考えたのでしょうね。実際のところ、ロキシーとトゥールーズは生後2か月の時、約64700円(427ポンド)をかけて片方の眼球を摘出し、皮膚を縫合する手術を受けたのよ。」

「それでも今の2匹は元気いっぱいよ。雨の中を走り回ったり、ぬいぐるみをぐちゃぐちゃにしたり、もう1匹の飼い犬であるボーダー・コリーや、飼い猫と一緒によく遊んでいるわ。自宅の庭の池で遊んだり、池のそばで涼を取るのが大好きなのよ。」

「私は姉妹とよくこんな話をするの。『もしあの子たち2匹をレスキューしていなかったら、どうなっていたかしら』とね。だって愛らしい2匹がそばにいなかったら、きっと私たちの心にはぽっかり穴が開いてしまうでしょうから。」


ファニーさんら家族にとってなくてはならない存在となったロキシーとトゥールーズだが、人々の多くは2匹が安楽死寸前だったことを知ると一様にショックを受けるという。

ファニーさんは「2匹の過去を知った時の反応はみんなほとんど同じ。とても驚くのよ。そして『私もロキシーとトゥールーズを引き取ることができたかもしれない』って言うの。だって2匹は本当に元気なんだから!」と語り、最後にこんな胸のうちを明かしてくれた。

「私の家族はみな、私たちに喜びをもたらしてくれる2匹が大好きなの。あの子たちが他の犬と違ってユニークであるということは、私たちが2匹をもっと好きになる理由でもあるのよ!」

ちなみに今年1月には、人と目を合わせようとせず、数々の健康問題を抱えて安楽死寸前だった犬が、「運命を感じた」という飼い主に保護され一緒に暮らし始めた。それから約7か月後、うつろな目をしていた犬は全く別の犬であるかのように生まれ変わったという。

画像は『Metro 2021年9月25日付「Rescued Westie twins live best life despite having just two eyes between them」(Picture: Mercury Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
    ニュース設定