広島・栗林が球団新人最多26セーブ 笘篠氏「新人王にも弾みがつく」

1

2021年09月27日 07:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真球団の新人最多セーブ記録を更新した広島・栗林
球団の新人最多セーブ記録を更新した広島・栗林
◆ 今季42試合に登板、セーブ失敗は一度もなし

 広島のドラフト1位ルーキー・栗林良吏投手(25)26日、敵地で行われたDeNA戦に救援登板。2点リードの最終回を無失点に抑え、球団の新人新記録となる26セーブ目(0勝1敗)を挙げた。

 打線が9回表に10−8と逆転した直後に登板。二死から7番・大和に左前を許したものの、最後は途中出場の神里を空振り三振に仕留め、2003年に永川勝浩(現投手コーチ)が記録した25セーブを上回った。

 これで18セーブ目を挙げた7月14日の中日戦(マツダ)から9試合連続セーブ。こちらは2015年の山康晃(DeNA)と並ぶプロ野球の新人記録となった。

 26日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた笘篠賢治さんは「1年目からオリンピックにも出場して。まず1年持つかどうか、そこが心配だったんですけど、まったく心配する必要はなかったですね」と、開幕当初から安定したパフォーマンスを披露し続けている右腕を称えた。

 さらに、「こうして新人記録が塗り替えられることによって、また一つ『新人王』というところにも弾みがつきますしね」と、各種記録の更新が他球団のルーキーらと争う『新人王』獲得への追い風となることにも言及した。

 笘篠さんは「もう少し登板数を増やしてあげれば、30セーブも楽々してたはずなんですけど、なかなかそうした状況で回してやれないチーム状況もある。そういったなかでこれほどの記録は凄いですよ」と、セーブ機会に恵まれないなかでも、安定感抜群の投球で結果を残してきたゴールデンルーキーを称賛した。

 栗林は今季42試合に登板し0勝1敗26セーブ、防御率0.43の成績。ここまでセーブ機会での救援失敗は一度もなく、セ・リーグで40試合以上に登板した救援投手で防御率0点台を記録しているのは栗林だけ。五輪でも大活躍した侍は後半戦も圧巻のパフォーマンスでチームに貢献し続けている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

このニュースに関するつぶやき

  • 平良海馬もこれぐらいの登板間隔なら良かったのに。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定