Honda、125ccの『スーパーカブ』『モンキー』に新エンジン搭載 環境性能など向上

9

2021年09月27日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真新エンジンを搭載し発売となった、Honda『モンキー125』
新エンジンを搭載し発売となった、Honda『モンキー125』
 Hondaは、原付二種(第二種原動機付自転車)の『スーパーカブ C125』『モンキー125』に新エンジンを搭載。9月27日から発売をスタートした。

【写真】鮮やかな赤が印象的…『スーパーカブ C125』の新色、パールネビュラレッド

 『スーパーカブ C125』には、ロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、最高出力と燃費の向上を両立させるとともに、最新の排出ガス規制(平成32年(令和2年)排出ガス規制)に適合した新エンジンを搭載。また足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する『1チャンネルABS』を標準装備。カラーバリエーションも、『スーパーカブ』初代モデルの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」と、鮮やかな印象の「パールネビュラレッド」の全2色展開となった。

 一方、『モンキー125』は、力強い走りを実現しながら、最新の排出ガス規制(平成32年(令和2年)排出ガス規制)に適合。前モデルの4速トランスミッションから5速トランスミッションに変更した新エンジンを搭載し、市街地走行からショートツーリングまでさまざまなシチュエーションで、レジャーバイクとしての操る楽しさを追求した。

 また両車とも今回新たに、別売り純正アクセサリーとして快適性を高める『グリップヒーター』が装着可能に。『スーパーカブ C125』には、スタイリッシュな『ピリオンシート』も設定した。

 この改良にSNSでは「モンキーはカスタムして飾るバイクから実用にも耐えうるバイクへと進化しましたね」「新エンジンいいなぁ」など好意的な声が上がっている。

 両車とも、メーカー希望小売価格は共に、44万円となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • かつて”ゴリラ”に乗っていた私には、キラキラした進化に見えて、嬉しいですね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 気軽に買える値段では無いのが残念です
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定