「バスのタイヤの真上の席を、目の不自由な人に譲るのは適切?悩んでいると、知らない人に引きずり降ろされ...」(埼玉県・30代女性)

8

2021年09月27日 11:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真「バスのタイヤの真上の席を、目の不自由な人に譲るのは適切?悩んでいると、知らない人に引きずり降ろされ...」(埼玉県・30代女性)
「バスのタイヤの真上の席を、目の不自由な人に譲るのは適切?悩んでいると、知らない人に引きずり降ろされ...」(埼玉県・30代女性)

高齢者や障害のある人、妊婦さんなどがバスや電車に乗ってきたとき、咄嗟に席を譲るかどうか悩んでしまった経験はないだろうか。

もしかしたらすぐに降りるかもしれないし、断られるかもしれない――。そんな思いがよぎることもあるだろう。

埼玉県在住のR子さんは、目の不自由な人に座席を譲るべきか悩んでいたところ、思いもよらぬ怖くて嫌な体験をしたという。

バスで通学中...(画像はイメージ)
バスで通学中...(画像はイメージ)

それは、R子さんがバス通学をしていた中学生のころ。主要駅のひとつ手前の停留所から、毎朝バスに乗っていた。

ふわふわとしたバスの乗り心地が味わえることから、運転手の左後ろの、タイヤのすぐ上にある、他より3段ほど高くなった席がR子さんのお気に入り。

しかしそこに座ったことが原因で......。

「そこ!退け!この方に代われ!」

ある日、バスに乗り込むと運転手さんの左後ろの席が空いていました。その席がお気に入りの私は迷わずそこに座り、本を読んでいました。

主要駅に着くと、たくさんの客が乗り込んできます。その中に、目の不自由なお爺さんがいました。それに気づいた私は、すぐに席を譲ろうと思いました。

ですが、私は高い座席にいたので段差を登らせることになるし、この席は他よりも揺れます。そんな席を目の不自由な方に譲ることが本当に助けになるのか、わかりませんでした。

モヤモヤした気持ちで悩んでいると、突然背後から

「おい!」

と大きな声がしました。

ビックリして振り返ると、50代くらいの男性が私に向かって怒鳴っているのです。

大きな声で怒鳴られた(画像はイメージ)
大きな声で怒鳴られた(画像はイメージ)

男性は、

「そこ!退け!この方に代われ!」

と、あの目の不自由なお爺さんを連れて怒鳴ってきました。

私は自分の中で考えていたことと、大人の男性に怒鳴られた怖さが混ざり、体が動かなくなりました。男性は、そんな私の肩を掴み、座席から引きずり降ろします。そしてお爺さんに笑顔で

「こちらへどうぞ」

と誘導し、誇らしげに笑っていました。

降りる前、再び男性が大声で私を...

私は人前で晒し者になった様な気持ちで落ちた本やカバンを拾い、降車ドアの前で泣きそうになりながら学校に着くのを待ちました。

すると学校に着く手前で先ほどの男性がまた大声で私を呼びます。

見ると、男性は最後列に悠々と座っていました。そして

「さっきはごめんな!」

と言い、バスを降りていきました。

私は、色々言いたい気持ちになりましたが怖くて全て飲み込みました。

この男性にとっては笑い話でも、中学生の私にトラウマを植え付けるには十分な出来事で、このあと私は男性恐怖症になってしまいました。

「のりもの」で遭遇した「モヤモヤ体験」ありませんか?

新幹線や電車などの公共交通機関に乗車した時、イラっと、モヤっとしたことがある人はいるだろうか。そんな体験談をJタウンネットでは募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

このニュースに関するつぶやき

  • 「譲らなかった」事を言い訳がましく語るのは、あまり感心しません。「退け!」という奴も乱暴ですが。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 怖い、なに、この男性。引きずり降ろすって。あの席に身体が不自由な人が座るのはどうなの?
    • イイネ!13
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定