年1,030円で新型コロナ、インフルも補償 医療・福祉関係者向け感染症保険を発売

0

2021年09月27日 11:10  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真年1,030円で新型コロナ、インフルも補償 医療・福祉関係者向け感染症保険を発売
年1,030円で新型コロナ、インフルも補償 医療・福祉関係者向け感染症保険を発売

 新型コロナウイルス感染症に加え、多くの保険が対象としていないインフルエンザやノロウイルス(感染性胃腸炎)による死亡や入通院も補償する「メディカル感染症ほけん」の販売を、メディカル少額短期保険(東京都中央区)が9月27日から始めた。カバーする感染症は1〜5類感染症の全てを含む118種類と幅広く、年間1,030円の保険料で死亡保険金100万円や見舞金10万〜1万円を受け取れる。

 医療・福祉関連業務の従事者向けだが、医師、看護師、介護福祉士のような専門職に限らず事務職や役員も加入でき、感染が勤務時間外であっても補償。見舞金は入院、通院したときだけでなく、医師の指導や保健所の指示で自宅や宿泊施設で待機・療養したときも、日数に応じて支払われる。

 同社は「医療・福祉業務に従事する人の職場は、感染対策が徹底され、個々の感染症に対する知識、日常生活における感染予防のレベルも相対的に高い。罹患率が全国民平均より低いことから、保険料を抑えられた」としている。

 対象となる感染症は、感染症法などで定められた「1〜5類感染症」、新型コロナなどの「新型インフルエンザ等感染症」、「指定感染症」、「新感染症」、同社が指定する疥癬(かいせん)、伝染性単核球症など計118種類。同様の商品の多くが、新型コロナ単独や、ペスト、コレラなど重篤な症状になる1〜3類感染症(計18種類)を対象にしているのに対し、「メディカル感染症ほけん」はインフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、流行性角結膜炎など、比較的身近な4、5類感染症も含んでいる。また、感染症法の分類を採用しているため、新型コロナのように「指定感染症」から「新型インフルエンザ等感染症」に分類が変わっても、引き続き補償対象となる。

 見舞金は、例えば新型コロナと診断され、そのまま14日間入院した場合は3万円で、14日間自宅療養した場合でも同額。入院が31日以上、または通院・自宅療養が30日以上になれば、最高額の10万円となる。

 新型コロナの医療費は原則として公費で賄われるが、自宅待機の場合、子どもの送り迎えをシッターに依頼するようなケースでは実費がかかり、雇用形態によっては待機日数がそのまま給与のマイナスにつながる。同社は以前から、医療・福祉系専門職らを対象に、業務中の賠償責任保険とセットで感染症保険を販売しているが、新型コロナの感染拡大による医療・福祉業界からの要望もあり、単体商品として発売したという。

 「メディカル感染症ほけん」の詳細や申し込みは、専用HPから。
https://www.medic-office.co.jp/medical-kansen/index.html

 問い合わせは、メディカル少額短期保険、フリーダイヤル(0120)900358(土、日、祝日、年末年始を除く午前9〜午後5時)。Eメールアドレスはinfo@medical-ssi.co.jp

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定