【上白石萌音 初エッセイ集を試し読み!】歌う/上白石萌音『いろいろ』

1

2021年09月27日 11:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『いろいろ』(上白石萌音/NHK出版)
『いろいろ』(上白石萌音/NHK出版)

上白石萌音さんの初エッセイ集『いろいろ』。「本が好き」という上白石さんによる、ありのままの思いがつづられた書き下ろしの50篇におよぶエッセイ。今回は、本書から「歌う」をご紹介。さらに、連載最後ではダ・ヴィンチニュースのためだけに上白石さんが書き下ろしたエッセイも特別掲載! 俳優・歌手・ナレーター、そして文筆業と、活動の幅を広げる彼女の「今」は必見です。

あわせて読みたい:また新たな表現の扉が開いたことを告げる初の書き下ろしエッセイ集――上白石萌音『いろいろ』

上白石萌音『いろいろ』

歌う

 わたしにとって、歌は二種類ある。仕事で歌う歌と、それ以外の歌。レコーディングで一日中歌ったあと、家に帰っても数時間歌い続けることがよくある。「まだ歌い足らんのか」と家族にはびっくりされるけれど、それとこれとは別なのだ。

 歌を歌い始めたのは二歳になる前だった。初めて音とリズムを正確にとったのは、『いないいないばあっ!』を見ていた時。テーマソングの「ばあっ!」のところを完璧に歌ったそうだ。「もしかしたらこの子は天才なのかもしれないと思ってた、あの頃は」、そう笑う母は元音楽教師。わたしの最初の歌の先生だ。

 物心ついた時から生活の一部だった歌が、やがて仕事になった。「好き」が仕事になるというのは生半可なことではない。嬉しさも、苦しさも、好きであればあるほど大きくなる。

「歌手」という肩書によって、歌うことに責任感が生まれた。ただ楽しく歌えばいいというわけにはいかなくなった。歌手デビューした当時は、間違えちゃいけない、上手く歌わなきゃというプレッシャーに押しつぶされて、歌うことが怖くなってしまうこともあった。そんな感情に支配されることこそ少なくなってきたけれど、今でも根底には同じ怖さが潜んでいる。

 それでも「歌」への純粋な愛は変わっていない。家のなかでは本当に絶えず歌っている。特にお風呂場はライブ会場だと思っている。だから物件探しの必須条件は「楽器可」であることだし、将来の同居人にも「わたしはずっと歌っているけど大丈夫でしょうか」と前もって確認する必要がある。歌っていない時は身体か心が不調な時なので、歌が健康のバロメーターにもなっている。

 家で歌っているのと同じようにステージの上でも歌いたいと思う。わたしのなかにある二種類の歌を重ね合わせたい。声を出す前のブレスではいつもワクワクしていたい。そのためにはもっとトレーニングが必要だし、強い精神力も身につけなくてはいけない。好きじゃないと続けられない。好きだからこそ続けられる。

 歌を歌う時は、いつもよりたくさん空気を吸う。いつもより口を大きく開けて、心も大きく開け放つ。たっぷりの息に思いを乗せて声を出す。肺がぺしゃんこになるまで息を吐き切ったら、また大きく息を吸う。この繰り返しが音楽になる。難しくても怖くても歌うことをやめられないのは、弱冠二歳にして知ってしまったこの楽しさが、染みついているからだろう。

「萌音」という名前に込められた「音楽を好きになってほしい」という両親の願いは、しっかりと叶った。何があってもこの名前が変わることはないので、わたしはきっと何があっても音楽から離れられない。

<第2回に続く>

このニュースに関するつぶやき

  • 「サヨナラ」で紅白出場したGAOさんとお話したことがあります。なぜアルバム名を「Roi Roi」にしたんですかと聞いたら、イロイロ入っているからだと言ってました。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定