「デュオ」洗顔シリーズの新CMにキンプリ岸優太を起用 ”キシボン3世”で発表会に登場

0

2021年09月27日 13:32  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    岸優太                    Image by: FASHIONSNAP
岸優太 Image by: FASHIONSNAP
 プレミアアンチエイジングのエイジングケアブランド「デュオ(DUO)」が、洗顔シリーズのCMキャラクターであるKing&Princeの岸優太が出演する新CMを発表した。岸はこれまでKinKi Kidsとの共演でデュオのCMに出演していたが、今回は単独での出演となる。9月28日からの放映に先駆けて開催された発表会に登壇し、撮影を振り返った。

 デュオは2010年2月にデビューし、人気商品の「ザ クレンジングバーム」はEC中心に販売し、現在はバラエティショップなど小売店にも販路を拡大。KinKi Kidsを起用したCMやヴィジュアルキャンペーンで認知度を高めた。岸がCMキャラクターを務める洗顔シリーズは、「ザ ブライトフォーム」「ザ リペア バー」「ザ ウォッシュ ブラックリペア」「ザ ホワイトクレイクレンズ」「ザ 薬用バイタルバリアウォッシュ(医薬部外品)」をラインナップし、肌の悩みに合わせて選ぶことができる。
 新CMで岸は、KinKi Kidsが国王である「デュ王国」の「デュ王子 キシボン3世」を演じる。淡いブルーのロングジャケットとパンツに、首元に貴族らしいジャボが付いた衣装を着用し、家臣とともに軽快なダンスも披露。CM放送開始日翌日の9月29日に誕生日を迎える岸は「単独での出演は、ひとつの誕生日プレゼントのように思います。いい26歳のスタートを切れそうです。これまで朝の洗顔について深く意識していなかったのですが、デュオの洗顔シリーズは泡が細かくて使い心地が気持ち良くて、洗顔で朝のスイッチが入るようになりました。朝の洗顔シーンに革命を起こしたいなと思います」と新CM出演の意気込みを語った。「『デュ王子』は国民の美しさのために革命を起こしたいと考えていて、歌とダンスが得意なお茶目でかっこいい、全てを兼ね備えた王子。(KinKi Kidsが演じるデュオ本兄弟の肖像画が壁に飾られていて)デュオ本兄弟こと国王に見守られながらの撮影で、自然と自信が湧いてきましたね。守護霊みたいに見守ってくれていたんだと思います」と会場を和ませた。

 発表会に登壇したプレミアアンチエイジングの松浦清 代表取締役社長は、「現在クレンジングカテゴリーにおいて高い認知を獲得しているデュオに加え、洗顔料のラインナップの存在を高めることで投入することで、クレンジングブランドからスキンケアブランドとしての地位を確立する」と述べ、「若年層を中心に人気を集める岸さんを単独でお迎えすることで、洗顔シリーズの魅力をしっかりと伝えていきたい」と岸の起用について語った。
 同社は2009年に設立し、デュオの姉妹ブランド「カナデル(CANADEL)」や、マッシュビューティーラボと共同開発したオーガニックエイジングケアブランド「イミュノ(immuno)」を展開。2020年には東京証券取引所マザーズ市場に上場し、初値は公開価格4140円を37%上回る5670円で、終値は5260円だった。2021年7月期(2020年8月〜2021年7月)はコロナ禍で消費マインド低下の影響を受けながらも、「ザ クレンジングバーム ブラックリペア」が2021年7月は単月で60万個を超える出荷個数を記録するなど売上を大きく伸ばし、売上高が328億1500万円(前期は205億800万円)、営業利益が46億8000万円(同16億5300万円)、経常利益が46億5300万円(同16億3500万円)を計上した。今期は売上高400億円、営業利益60億円、経常利益が60億2000万円、当期純利益が34億6000万円を目指す。
    ニュース設定