【お金】住宅ローンの「1%控除」が少なくなる!? 見直しに備えてできること

0

2021年09月27日 14:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
家を買うにはたくさんのお金が必要なため、住宅ローンを組むという人が多いでしょう。

これが子育て世帯の“賢い節約術”!ママ・パパがやっている「お金の使い方・貯め方」6選

住宅購入には様々な税制優遇措置が設けられていますが、期限があったり制度の見直しがかかったりするため、どんな制度が使え、今後どのように変わっていくか注意しておく必要があります。

住宅ローン控除については今後見直しがかかり、今よりも控除が少なくなる見込みです。

控除が少なくなるということは、その分手元に残るお金が少なくなる人が出てくるということなので、どのように変わり、どうすればよいか考えていきましょう。

■住宅ローン控除とは

住宅ローンを利用して家を買ったり、自宅を増改築したりした時に、年末の住宅ローン残高に応じて一定の金額が所得税から差し引かれるという制度があります。

その控除は所得を計算するときに引く所得控除ではなく、算出した税額から控除額をそのまま引く税額控除のため節税効果が高く、所得税から控除しきれなかった額を翌年の住民税から控除できることもあり、適用条件を満たせば住宅ローンを組んで家を買うと、払う税金を少なくすることができるのです。

期間を定めた特別な控除ということもあり改正も頻繁で、詳しくみると、どのような住宅なのかにより限度額が違ったり、取得や契約のタイミングによって控除期間が長くなったりするなど今は複雑になっていますが、もともとは居住の開始から10年間「住宅ローンの年末残高の1%」を控除できるというのがベースになっています。

住宅ローンは何千万円といった話なので、控除の割合が変わると何万円もの差になってくるのですが、2022年からこの1%の控除が変わる可能性があるのです。

■「1%控除」はなぜ見直される?

住宅ローンは借金なので利子がかかり、その利子も住宅ローンの額が多いために多額です。住宅ローン控除はその利子負担を軽減する意味合いをもって設けられた制度です。

ところが現在の住宅ローンの金利がどれくらいかというと、1%を下回るものが多くなっているのです。

住宅ローン金利が1%を下回っているのに、住宅ローン控除でその1%分払う税金が少なくなるということは、負担を軽減するどころか、その差額の分だけ手元に残るお金がプラスになる(要は逆ザヤ)ということが起きてきます。

そのため、住宅ローン控除が適用される間はあえて住宅ローンを使って、税金を減らして得をしようとする人も出てきました。

相続や贈与などでも資産課税が強化されているように、本来の目的と違った制度の利用で得をするようなことは見直していこうという動きとも相まって、与党の令和3年度税制改正大綱 では住宅ローンの1%控除についても令和4年度税制改正で見直すと書かれているのです。

■見直しに備えた住宅ローン計画

まだどのように改正されるか決まっていないですが、いずれ逆ザヤを解消する方向には変わっていくでしょう。

ただ住宅ローン控除そのものなくすのではなく、支払い利息額を考慮して控除額を設定する等の控除額や控除率の見直しです。

逆ザヤを多くしようと必要以上の住宅ローンを組むという事がないように、ということなので、改正前に慌てて住宅を購入するのではなく、自分に必要な住宅ローンがどのくらいかということを考えるのが大事です。

逆ザヤねらいの過剰な住宅ローンが住宅の価格を押し上げるという場合もあるので、住宅ローン控除額の多寡より先に、どれくらいの資金が手元にあり必要な住宅ローンはいくらなのかを確かめ、まずは借りすぎないことを考えましょう。

■住宅ローンを組むときに大切なこと

ファイナンシャルプランナーとして活動していく中で、住宅ローン控除を最大限受けようと限度額いっぱいの住宅ローンを組んだ人をみたことがあります。

建てた場所や広さに比べて過剰と感じるローンで凝った家を建てたようですが、数年後には家族の仕事なども変わり返済に苦労するようになったそうです。

節税メリットを最大限受けて、控除の期間を過ぎたら繰り上げ返済しようとも考えていたようですが、計画がうまくいかなくなることもあるので、必要以上の借金は長い間の重荷になります。

目先の損得にとらわれず、求めるライフスタイルとのバランスを大切に。まずは自分の人生の中で必要な住居とその価格がどれぐらいなのかを考えて、資金計画を立てるようにしていきましょう。

【執筆者プロフィール】柴田 千青

キッズ・マネー・ステーション認定講師/1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、精神保健福祉士

出産退職を機にメーカーの技術職から独立系ファイナンシャルプランナーに転身。金銭教育を中心に、ワークショップやセミナー講師や執筆を行っている二児の母です。

    前日のランキングへ

    ニュース設定