プロ野球、球宴オークションの寄付金額を公表 最高落札額は森下ユニの350万円超

0

2021年09月27日 15:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真広島・森下 (C) Kyodo News
広島・森下 (C) Kyodo News
◆ 広島の全4選手がトップ5入り

 日本野球機構(NPB)は27日、『マイナビオールスターゲーム2021チャリティーオークション』の売上金から、東日本大震災の被災地支援のため1955万5164円を寄付したと発表した。

 今回の活動は、今年7月に行われた『マイナビオールスターゲーム2021』の出場者が着用した直筆サイン入りユニフォームをオークションに出品し、この売上金額から消費税を除き調整金を加えた金額を「いわての学び希望基金」、「東日本大震災みやぎこども育英募金」、「東日本大震災ふくしまこども寄附金」へ寄付するというもの。

 NPBは落札額の上位5名を公表しており、1位は広島の森下暢仁が351万1000円でダントツ。2位以下は鈴木誠也(180万3000円)、菊池涼介(151万1000円)、ヤクルトの山田哲人(150万1000円)、広島のドラフト1位ルーキー・栗林良吏(118万1000円)と続き、広島から出場した全4選手がトップ5入りする格好となった。


【動画】「ぴえん」に似ているエース【河野名鑑】森下暢仁
    ニュース設定