ヒント:靴下 長崎県の方言「じゃがいも」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】

1

2021年09月27日 18:03  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真意味を聞くと“あー、そういうこと”感
意味を聞くと“あー、そういうこと”感

 ねとらぼ読者から「マジで方言じゃないと思ってた言葉」を聞く投稿企画。今回は、長崎県の方言として「(靴下の)じゃがいも」を伺いました。



【連載まとめ】全国の“マジで方言じゃないと思ってた言葉”



●長崎県の方言「じゃがいも」



【例文】「じゃがいものできとる」



・友達(関東住み)が見せてきた靴下に、「立派なじゃがいもだ!」と言ったら「??」という反応。(しおさん/長崎県)



・指先がじゃがいものように見えるから共通語だと思っていた。友達に「じゃがいも!」と指摘されても、表現がかわいいから嫌な気持ちにはならなかった。(匿名希望さん/長崎県)



●どんな意味?



 じゃがいも:靴下に開いた穴(特に指先が見えている状態を指す場合が多いもよう)



●おまけ:「靴下に開いた穴」を指す言葉(方言ではなさそうなものも含む)



 本企画では先日、類似の方言として「おはよう靴下」(宮城県)を紹介したところ。“こういう「靴下に開いた穴」を表す言葉は、どれくらい存在するのだろうか”と、ねとらぼ編集部でアンケート調査を行ってみました。



●全回答(40件)から一部紹介



<回答数が多かったもの>



・おはよう靴下(宮城県)



・じゃがいも(長崎県)



<「おはよう靴下」のような表現>



・「親指が“こんにちは靴下”になっていたから縫ったよ」(神奈川県)



・地域的なものではありませんが、(穴から飛び出た)親指が「こんにちは!」と言っているように見えるので、「こんにちは!」と呼んでいます(愛知県)



<「じゃがいも」のような表現>



・足先だけの(穴の)場合に「芽が出た」とか「春が来た」とか言います(兵庫県)



・足指の穴は「たけのこ生えた」。かかとは「穴が空いた」くらいしか言わない気がする(新潟県佐渡島)



 どうやら「靴下に開いた穴」に対し、「靴下に開いた穴」以外の呼び方をしている人はけっこういるもよう。しかし方言ではなさそうな回答も多くみられ、例えばある愛知県の回答者は穴の開いた靴下のことを「セックス・ピストルズみたいになってる」と表現するとか。もしかして……「アナーキー(穴開き)・イン・ザ・U.K.」ってこと?


    前日のランキングへ

    ニュース設定