ラッセル10位「序盤、3番手争いができたことは誇りに思ってもいいだろう」ウイリアムズ/F1第15戦決勝

0

2021年09月27日 20:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第15戦ロシアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第15戦ロシアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
 2021年F1ロシアGP決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは10位を獲得した。

■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=10位
 今日は力強いレースができるだろうと思っていた。そして、誰にも引けを取らずに頑張り、つまらないミスをしなかった。それが僕の今回のグランプリだった。スタートから12周目までは3番手をキープした。マクラーレン、メルセデス、アストンマーティンといったクルマを抑えようと努めながら、そのポジションを争うのはとても楽しかったし、誇りに思ってもいいだろう。

 インターミディエイトを履いた終盤は苦戦を強いられた。昨日の予選で手持ちのセットを全部使ってしまい、ユーズドしか残っていなかったからだ。それでも最終的には1ポイントを獲れたので、ありがたく頂戴しておくよ。夢のような成績とは言えないものの、この週末を迎える前に「10位と1ポイントを約束する」と言われたら、よろこんで受け取っていただろうからね。全体としては、いいレースだったと思う。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定