長距離夜行バスで車掌と乗客の男がグル 母親と14歳娘が性犯罪の被害に

5

2021年09月28日 05:20  Sirabee

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

深夜、長時間にわたり同じ空間を共有するだけに、絶対に安全な乗り物でなければならない長距離夜行バス。インドのそんなバスの車内で、このほど許しがたい性暴行事件が発生した。『Times of India』『Times Now News』など同国のメディアが報じている。

■被害者はふたりの女性

事件は20日の深夜、30人ほどの乗客を乗せてニューデリーを発ち、ヤムナ高速道路を利用してウッタルプラデーシュ州のカンブールに向かう超長距離の夜行バスで起きた。

被害者は乗客だった女性とその14歳の娘。母と娘はニューデリーのバダープールに暮らす18歳のめいを連れ、ウッタルプラデーシュ州フィロザバード地区の自宅に戻るところだった。

■母親を狙っていた男

安全を考え、女性たちは車内の前方に座っていたが、出発してしばらくするとアンシューという名の車掌が母親に近寄り、「後方の席へ」と移動を促していた。

移動すると、そこにはバブルーという男がおり、持っていた酒を執ように勧めてきたといい、母親はそれを窓から捨て元の席に戻って行った。

■少女を狙っていた車掌

バスは、アグラに近いある休憩所に到着。母親はトイレを利用するため降車したところ再びバブルーに絡まれ、体に触れるなどしてきたためあわててバスへ。すると娘がバスの後方から現れ、泣きながら「車掌に性的暴行を受けた」と告白してきた。

母親は警察に通報すると訴えるも、バスの運転士はそれを無視して休憩所から発車。この事件ではアンシューとバブルーがグルだったことが判明しているが、こうしたことから運転士にも疑惑の目が向けられている。

■3人連れでも危険なのか

シコハバードでバスを降りた一行は、ただちに警察署へ向かい、さらに身体検査のため病院へ。警察は車掌のアンシューとバブルーを逮捕し、そのバスを利用した他の乗客から証言を集めている。

何十人乗っていても、熟睡している乗客たちはほとんど頼りにはならない夜行バス。非力な女性たちの利用は、「たとえ3人連れでも危険なのか」と国内でも不安が広がっている模様だ。

このニュースに関するつぶやき

  • 日本では同じようなことが起きたりしないことを心から祈ります。何が起きるか分からない御時世ゆえ・・・。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • 日本では同じようなことが起きたりしないことを心から祈ります。何が起きるか分からない御時世ゆえ・・・。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

前日のランキングへ

ニュース設定