小室さんへのバッシングは「社会の不寛容さ」 皇室は社会の変化や多様性な生き方の映し鏡に

11

2021年09月28日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真2017年、婚約が内定し、記者会見する眞子さまと小室圭さん。小室さんの母の金銭トラブルをめぐり、結婚に反対する声が上がっている (c)朝日新聞社
2017年、婚約が内定し、記者会見する眞子さまと小室圭さん。小室さんの母の金銭トラブルをめぐり、結婚に反対する声が上がっている (c)朝日新聞社
 眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが、結婚準備のため一時帰国する。メディアや国民からは小室さんへのバッシングも続くが、それでいいのだろうか。AERA2021年10月4日号の記事を紹介する。


【写真特集】気品あふれる… 初めて十二単を身に付けた佳子さまはこちら
*  *  *


 結婚において重要なのは「釣り合い」であると考えられてきた。学歴、年収、家格……。結婚が二人の愛の結果であると同時に、見栄、周囲の納得、親や親戚への説明が重要であったためにほかならない。恋愛は結婚と直結し、その呪縛のために愛情がなくなっても離婚できない夫婦も少なくない。


■マッチングアプリ婚


 今の若者の恋愛・結婚事情は大幅に変わった。象徴はマッチングアプリ婚だ。もちろん、会う相手を選ぶ際、相手の「スペック」は考慮される。


 だが「スペック」は、単なる指標に過ぎない。例えば、女性から見て、相手男性が高校中退、ニートであっても、自分を包み込んでくれそうだ、今の自分のライフスタイルにマッチしそうだと判断すれば、会って、結ばれることもあり得る。


 重要なのは居心地の良さである。飾らない自分を受け入れてくれれば、ほかの条件は二の次となる。居心地の良さより格や「スペック」を重視しても必ずしも幸せにならないことを、若者たちは感覚的に知っている。


 眞子さま(29)は学習院大学でなくICUを選んだ。そこで偶然に出会った小室圭さん(29)との結婚は、究極のマッチングアプリ婚に見える。全く別の世界に住む眞子さまと小室さんの偶然の出会い。従来の釣り合いセオリー、階層性を完全に無視した結婚に世間は驚き、反発した。


 皇族女性と釣り合いのとれた相手は、旧華族や資産家になるだろう。皇室に生まれた女性はそうやって結婚させられてきた。


■映し鏡として変わる


 明治天皇の娘の一人、聡子(としこ)内親王は1915年、皇族、東久邇宮稔彦(ひがしくにのみやなるひこ)王と結婚した。ところがフランスに留学した夫に7年間放置され、のちには侍女に手を付ける夫に苦しめられた。昭和天皇の娘の一人、和子(かずこ)内親王は1950年、旧華族筆頭・五摂家の鷹司平通(たかつかさとしみち)と結婚し、国民から大祝福を受けた。ところが、鷹司は16年後、愛人だったバーのママのマンションで、彼女と一緒に一酸化炭素中毒で亡くなった。



 女性皇族たちに、体裁のとれた結婚(釣り合い婚)を強いてきたのは、天皇制というシステムとともに、私たち国民であった。私たちは、いつまで女性皇族の自由、彼女たちのキャリアを拘束し続けるのだろうか。


 若者は変わり、社会も変わる。多様性やさまざまな生き方は容認されるようになった。


 その映し鏡として皇室も変わっていくはずだ。非婚を宣言する皇族、同性婚を選択する皇族……。これから私たちは、そんなさまざまな皇族の姿を容認し、さらに豊かな社会を築いていかねばならない。


 小室さんを嫌いな人もいるだろう。周囲を利用して、のし上がっていく野心家だと見る人もいる。母親が嫌だという人もいるだろう。


 だが、彼には感心する。フォーダム大在学中に書いた論文「社会的企業のためのクラウドファンド法改正の可能性への課題と示唆」は、ニューヨーク州弁護士会の学生論文コンテスト(ビジネス法部門)で堂々の2位を獲得した。異国の地で勉学に集中してなし遂げた成果。簡単にできることではない。


 バッシングにめげず、日本にいる眞子さまへの心遣いも忘れない。二人の将来も考え、就職し、生活設計を立てる──。立派な青年ではないか。眞子さまが惹かれるのもそこだろう。


 小室さんへの不寛容は、社会全体の不寛容を意味する。私は、眞子さまの選んだ小室さんを認めてあげたい。眞子さまを喜んでニューヨークに送り出してあげたい。


 これから佳子さま、悠仁さまも続く。21世紀の皇室を真に考えるなら、お二人へのバッシング、もうやめませんか。(成城大学教授・森暢平)

※AERA 2021年10月4日号


このニュースに関するつぶやき

  • 見えている地雷(調査後)を踏みに行こうとする人がいたら、止めに行かないか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 金銭面と皇室のパワーを婚約前から利用する男性は過去にいなかったでしょう。
    • イイネ!17
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定