中国当局、恒大を調査=「高利回り」の金融商品問題視

6

2021年09月28日 09:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真中国不動産開発大手、中国恒大集団の本社ビル=26日、中国・深※(※=ツチヘンに川)(AFP時事)
中国不動産開発大手、中国恒大集団の本社ビル=26日、中国・深※(※=ツチヘンに川)(AFP時事)
 【香港時事】ロイター通信によると、巨額の債務を抱える中国不動産開発大手、中国恒大集団の富裕層向け資産運用部門に対し、本社のある広東省深セン市政府が調査を始めた。同市の金融規制当局が27日、投資家に明らかにした。

 同社をめぐっては、資産運用商品を購入した個人投資家らが、資金が戻らないことを懸念して抗議活動を展開するなど社会問題化。当局は恒大に早期の返済を促しており、事態の沈静化に乗り出した形だ。

 問題となっているのは、高利回りをうたう「理財商品」。中国政府が不動産バブルを警戒して業界への締め付けを強化しているため、銀行は融資姿勢を厳格化している。同社は個人投資家への理財商品の販売で多額の資金を集めていたが、経営不安が高まったことで、投資家が深セン市に調査を求めていた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 恒大を救済せずに、多額の資金を投入しないですませるための調査でしょうか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 不動産バブルを警戒してってwww中共が主導してたんだろうに何言ってるんだかねぇ?
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

前日のランキングへ

ニュース設定